« 03・12・19 この草なんだっけ? | トップページ | 03・12・21 コハウチワカエデと帰納知性 »

2003.12.19

03・12・19 blogビジネスの条件の一つか二つ…

blogに自分の考えたことを蓄積できるということの意味をひきつづき考えています。

人と人とがblogのトラックバック関係を通じて出会うときに、お互いの人となりの背景を知るのにきっと役立つだろう、だから新しいリレーションがスムースに生まれて行くだろう、ということは前に書きました

ただ、書き溜めたものがいつの日にか消滅したり雲散霧消したりするのでは困ります。

しかし幸いblogのデータはXMLで記述されているようなので、おそらくデータ構造を維持しつつ未来永劫この器を残すことは簡単に実現できるだろうと思います。

分かり易く言うなら、blogは個人が生産した情報のお墓になると思っています。書き手がこの世からいなくなっても後に残る情報のお墓です。故人の書斎というのは、遺族としてはとても処分に困るものですが、ネット上のblogならなんとかなりそうじゃありませんか。

しかもそのお墓が、たとえ霊園から霊園へと移転したとしても、つまり、blogサービス提供者が変わったとしても、お墓自体に変わりはない、情報の構造も失われず維持できる、と期待しております。

未来永劫ムダにはならないと思えばこそ、blogという容器にセッセセッセとメッセージを貯める気になろうというものです。

で、そういうことなら、ついでに、メッセージの書きこみ更新時刻証明も実現してほしいと思います。

blogにメッセージを書いて、さらに書きなおしたり更新を重ねて行った場合に、現状のココログでは、タイムスタンプが変化しません。最初に書きこんだ時刻のままになっています。

ここは一つ、せっかくのXMLアプリケーションなんですから、書きこみのバージョン管理機能をつけてほしいものです。最初に書きこまれたのが何月何日何時何分で、その後、ある時刻にある文字列が追加されたり削除された、ということを逐一記録してほしい、という注文です。

目的はアイディアのオリジナリティの証明サービスです。

今の世の中、学会の存在しないような分野で、本当は誰が最初に考えたアイディアなのかを追跡したり認定したりする仕組みは存在しないでしょう。

それが学術的なことではなくトリビアみたいな意味合いでも構いません。でも、とにかく誰が最初なの?という問題に、それは私ですと証拠をもって名乗り出ることができるような書きこみ時刻証明を運営側が発行するサービスを想定しています。

きっとblogで知的生産をする励みになるでしょうね。

|

« 03・12・19 この草なんだっけ? | トップページ | 03・12・21 コハウチワカエデと帰納知性 »

コメント

鎌倉さん

こんにちは。今晩久しぶりにお会い出来るのを、楽しみにして居ります。

さて、このエントリーで指摘されている weblog のコンテンツの未来永劫の保存、これは未来に現代の知恵を継承して行く上でも非常に大切な事だと思いますし、Weblog ビジネスの観点からも、きちんとユーザーから利用料を頂ける部分になると思います。

海外に目を転じると、NPO で Internet Archive のプロジェクトがあり、昨年はこちらの San Francisco オフィスにも訪問する機会がありましたが、

http://www.archive.org/

このプロジェクトでも全ての weblog を保存出来ている訳ではありません。やはり、ユーザー側からの意識で、自分の Weblog を将来に亘って残して置きたいと希望する場合は、一定の金額を払って(電子的な墓地を買うのと同じですね。)、能動的に weblog のコンテンツを後世に残せるサービスも必要になるのだと思います。

亡くなる前に故人の意志により、家族の Weblog の横に結合する形で、亡くなる方が残した足跡が電子的に刻まれる、というのも良いかもしれません。

実は最近、かつてマレーシア駐在だった頃に大変お世話になった方が急死されて、ネット検索したところその方の半生を3日間のインタビューで綴ったとある記事を発見、それを読んで感動したことがありました。これは第三者による記述ではありましたが、その方の生き様や精神が、その記事の中に vivid に生きているのを知って感銘を受けました。

どういう形のサービスが最適か、サービスの提供者は現行の Weblog service provider か新しいベンチャーかは今後の試行錯誤もあると思われますが、Weblog や日記を熱心に書かれる方が増える程に、必要になるサービスですね。

投稿: minami | 2003.12.19 11:48

私のblog指南の南さん、いろいろと具体的に教えていただき感謝感激です。今晩楽しみですね。

昨晩はblogger和田さんと一緒だったのですが、二人でblogの話ばかり。他の人への迷惑も顧みず。今晩も心配です。

投稿: bee | 2003.12.19 13:08

鎌倉さん

昨晩は珍しく体調を崩して会社を早退、GM Alliance の会合に伺えず申し訳ありませんでした。20時間ほど(笑)休みましたので、やっと熱が下がって参りました。

Blog 談義、またお時間を頂いて、宜しくお願い致します。

投稿: minami | 2003.12.20 12:44

南さん、大変でしたね。しかし20時間寝込んでいると自然にダイエットもできて体重も減りますよね。私もそろそろ寝込みたい?

昨晩は大阪からカリフォルニアからも含めて15名ちゃんと集まりました。わりと落ち着いて話しのできる空間だったせいかけっこう話しがはずみました。

南さんの元上司の白髪のべらんめい紳士の方も予定時間を大幅にオーバーして次の宴席へとお出かけになりましたよ。

思い出話はほどほどに、だんだん前向きな集まりにして、やがてはここから新たなallianceが生まれるか、どうかわかりませんが、皆さんそんな期待をいだきつつつまた来年やりましょう、ということになりました。

投稿: 鎌倉 章 | 2003.12.20 22:47

投稿: bee | 2003.12.22 11:35

初めまして。抹茶と申します。
データを百年、千年後に残すことに興味があります。
それを実現させようと試みている、法人化を目指しているところがあります。
思ひ出アーカイヴと言います。ご覧になってみてください。

投稿: 抹茶 | 2004.01.04 21:12

抹茶さま 

情報をありがとうございました。

ビジネスとしてはお墓の永代供養料みたいに遺族がお金を払うことになるのかもしれませんし、全く違うビジネス・デザインになるのかも知れません。

団塊の世代の寿命が尽きる頃にはいい商売になっているかも知れませんね。

投稿: bee | 2004.01.04 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/34801

この記事へのトラックバック一覧です: 03・12・19 blogビジネスの条件の一つか二つ…:

» Weblog コンテンツの未来永劫アーカイブ [B-log Cabin TP]
ちょうど一年前、San Francisco 近辺に出張して Social Software 関連の投資先候補ベンチャー企業を複数訪問していた頃(Six Apar... [続きを読む]

受信: 2003.12.19 12:51

» インターネットで死んだ祖父に出会う [katzの自分メモ]
気分転換の検索 ひまなときなど、検索エンジンにいろいろな言葉や名前をいれることがある。積極的な調査、というわけではない。最近名刺交換をした人の名前... [続きを読む]

受信: 2004.01.30 15:28

« 03・12・19 この草なんだっけ? | トップページ | 03・12・21 コハウチワカエデと帰納知性 »