« 04・01・21 文藝春秋の新聞休刊日批判 | トップページ | 04・01・31 ギシギシ堂々 »

2004.01.25

04・01・25 RSSリーダーは"Webテレビ"

ネットのメディアを整理してみると、こんな感じではないでしょうか。
RSSReader.JPG
電子メールは自分と付き合いのある、つまり、リレーションシップのある人とつながるメディアでしょう。何かいきさつがあってメールアドレスを相手に教えたからメールが来るわけです。メッセージは他ならぬ自分宛のものです。

受け取るだけなら全く受動的でラクチンなLife Mediaです。でも、相手から情報を引き出すにはそれなりの努力が必要なWork Mediaにもなります。

Webはメールほどラクチンではなく、こっちが多少とも努力をして相手を探し「あったあった」と発見し閲覧するものです。情報も不特定多数に向けられたものです。検索エンジンとかデータベースも性格が似ています。

さて、新しく登場したRSSリーダーは人間にとって何者なのか?

RSSリーダーで見るのは、購読設定したRSS対応サイトという条件はつきますが、要するにWebです。なのに情報はあたかも電子メールのように届くのでラクチンです。

ここが新しい部分ではないかと感じます。要するにテレビとよく似た特徴をそなえているということです。

CNET Japan梅田望夫さんの記事Tim O'Reillyがいよいよ「真のインターネット時代」あるいは「インターネット3.0」が来ると唱えているとの紹介があります。telnet/ftp時代を1.0、webを2.0としての表現です。

私も上のような整理をしてみて、その通りだと感じています。

|

« 04・01・21 文藝春秋の新聞休刊日批判 | トップページ | 04・01・31 ギシギシ堂々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/133502

この記事へのトラックバック一覧です: 04・01・25 RSSリーダーは"Webテレビ":

» RSSリーダーの位置づけ [weblog Escapade]
またいらないモノ買っちゃったよ: 04・01・25 RSSリーダーは"Webテレビ" またいらないもの買っちゃったよさんの「RSSリーダーはWEB上のテレビのよ... [続きを読む]

受信: 2004.01.25 19:45

« 04・01・21 文藝春秋の新聞休刊日批判 | トップページ | 04・01・31 ギシギシ堂々 »