« 04・02・07 中村光夫とblog文体 | トップページ | 04・02・14 大麻ビール?!と七味唐辛子 »

2004.02.11

04・02・11 衆議院TVとblog

10日の衆議院予算委員会で、民主党の岡田幹事長と小泉首相の間で、議場がやや騒然とする場面があったように日経新聞に書いてあったので、実際はどうだったのかなと衆議院TVを初めて覗いて見ました。

質問者別のインデックスがついているので目指す映像をすぐにみることができました。

岡田氏の90分の質問のうち、問題の場面は1時間22分経過したあたりですね【映像】

岡田「その答弁はいったい何ですか!きわめて無礼でしょう。」
小泉「無礼というなら、これほど総理に対して失礼な質問はないでしょう。」【映像】
さっきまで、私の頭の中では新聞記事の文言が「事実」に見えていたのですが、現場の映像を見てしまうと、記事はやはり「一つの報道」なんだなと改めて思いました。

とはいえ、この日の予算委員会の映像は全部で7時間32分。同じ日にあったテロ防止・イラク支援特別委員会も3時間23分。いくら休日でも全部見てるヒマはありません。

で、思ったのですが、

ああしたストリーミング映像ライブラリにも「この部分だ!」という部分にピンポイントでリンクを張りたいものですね。トラックバックも含めて。つまりストリーミング映像自体を無数の記事から構成されたblogのように捉えるのです。【補足】それが可能だとわかりましたので、問題場面の映像への頭出しリンクをつけました。04・02・18夜

そうすれば、いろいろな人が多様な視点で見所をピックアップして紹介できるでしょう。

テレビというメディアは、印象的な映像をくどいほど繰り返し流して、ある人物のイメージを徹底的に決めつけることをやります。比較的記憶に新しいところでは田中真紀子氏のスカート踏みつけ発言の場面とか、辻元清美氏の疑惑の総合商社発言の場面などですね。

テレビメディアの威力には誰も対抗できないので、この手法の餌食にされると作られたイメージを払拭することがほとんど不可能です。

もしも映像への部分的コメントリンクが可能になれば、blogワールドの側からささやかな抵抗ができるかも知れません。

|

« 04・02・07 中村光夫とblog文体 | トップページ | 04・02・14 大麻ビール?!と七味唐辛子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/186195

この記事へのトラックバック一覧です: 04・02・11 衆議院TVとblog:

» 04・02・18 できた!衆議院TV映像頭出しリンク [またいらないモノ買っちゃったよ]
私の先日の記事ではだめだと思っていたのですが、ちょっと調べてみたところ、衆議院TVのビデオライブラリは、映像の頭出しリンクが張れました。 2月10日の衆議院予算... [続きを読む]

受信: 2004.02.18 23:45

« 04・02・07 中村光夫とblog文体 | トップページ | 04・02・14 大麻ビール?!と七味唐辛子 »