« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004.02.29

04・02・29 「ひえつき節」はサンシュユか山椒か?

子供の頃、ラジオでよく民謡番組があったもので、「ひえつき節」は中でも耳に残る節の一つでした。ただ、聞くたびに「庭のさんしゅうの…」の「さんしゅう」って何だ?とずっと思っていました。
Sanshuyu50DSCF0945.JPG
サンシュユ Cornus officinalis
2004・02・28 横浜市青葉区
Copycenter 2004 Akira Kamakura


やがて植物に興味を持つようになり「サンシュユ」の存在を知って、「ああ、この木のことだったのか」と勝手に決着をつけていました。

ただ、改めて調べてみると、ギモンが湧いてきました。

たいていの人はもうインパクなんて忘れちゃったでしょうが、あの時にTBSが作ったらしい「ひえつき節」の故郷である宮崎県の椎葉村を取材した情報がありました。

まず歌詞はこうです。

にわの山椒の木 なる鈴かけて ヨーホイ、すず鳴るときゃ 出ておじゃれよー
山椒の文字があてられています。

で、この民謡の由来は、壇ノ浦の戦い(1185年)に敗れて椎葉に逃げ込んだ平清盛の末盈、鶴富姫と、一族を追討するべく鎌倉からやって来た那須大八郎宗久(与一の弟)との恋物語だというのです。

さて、サンシュユという植物の説明を読むと、「朝鮮半島原産の小高木で、日本には江戸中期1720年頃に薬用植物として渡来し…」となっています。

つまり、「ひえつき節」が誕生したその時、日本にはサンシュユ(山茱萸)は存在しなかったはずなのですね。まさにサンシュユには現場不在証明(アリバイ)がある。

私も何十年、サンシュユだと思い込んでいたことでしょう。

では、山椒で間違いないのだろうか?このことを椎葉村役場にまで問い合わせた方がおられます。真相はこちらです。ろまりんさん、どこのどなたか存じあげませんが、あなたはエライ!

椎葉村の平家落人伝説については役場のホームページに解説があります。

これから私はサンシュユとどうつきあって行けばよいのでしょうかね。せっかく近所で写真が攝れて喜んでいたんですがね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.28

04・02・28 黄梅(オウバイ)の花暖簾

Obai.JPGObai50upDSCF0932.JPG
オウバイ 2004・02・28 横浜市青葉区 Copycenter 2004 Akira Kamakura

あざみ野駅近くの大きなオウバイの繁みが黄色い花で埋まると春なんですよねぇ。私の毎年の楽しみです。3週間ほど前からチラホラと花をつけ始めて、今日でようやく五分咲きといったところ。

高さ3mほどの崖の上に植わっていて、いったん天に向かって吹き上げた枝が滝のように枝垂れています。満開になるとなかなか豪華な眺めです。枝をかき分けるようにして下を歩くのもなかなか風流です。これがホントの花暖簾。場所はここです。オウバイは成長が遅いそうなので、これはけっこう樹齢が行っているのかも知れません。

学名はJasminum nudiflorumとちょっとドキドキする語感がありますが、nudiflorumとは葉っぱが出る前の裸の枝に花がつくという意味のようです。それと、Jusminumはモクセイ科ソケイ属ということで、これはウメじゃないってことですね。

でも、黄梅だなんて、ずいぶんといい加減な命名をしたものですね。

中国原産のこの植物は日本には17世紀に渡来したとあり、もう一つの学名Jasminum sieboldianumにはシーボルトの名前が見えます。しかし「プラントハンター物語」によりますとロバート・フォーチュン(1812-1880)が1845年に中国からイギリスに持ち帰ったことになっているようです。(注)「プラント・ハンター物語 --植物を世界に求めて--」T.ホイットル著 白幡洋三郎/白幡節子訳 1983年 八坂書房

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.02.24

04・02・24 花のサンフランシスコ

サンフランシスコ市がゲイの婚姻届を受け付けていることが話題になっていますが、私のサイトからリンクしている"Macartisan: Channeling Cupertino"によりますと、これに関連してちょっといい話が進んでいるようですよ。

サンフランの花屋に電話して、市役所で婚姻届の列をなしているカップルの誰でもいいから花束を渡して祝福してあげて欲しい、カードには"With love, from Minneapolis, Minnesota" と書いてくれ、という注文をしている人たちがいるのですね。

花屋も趣旨に感動して協力してくれているというのです。

震源地はミネアポリスのようです。

久々の風邪から復帰しての第一声でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.02.18

04・02・18 できた!衆議院TV映像頭出しリンク

私の先日の記事ではだめだと思っていたのですが、ちょっと調べてみたところ、衆議院TVのビデオライブラリは、映像の頭出しリンクが張れました。

2月10日の衆議院予算委員会のいくつかの話題場面にリンクを張ってみます。発言者名をクリックすると映像が出ます。

まず民主党の岡田克也議員の質問から。

岡田「…去年の秋に小泉総理が自民党総裁として再選されました。任期は三年であります。そして、総選挙において、我々から見れば大変残念なことですが、今の政権の枠組みが続くことが決まりました。ですから、特段の大きな変化がなければ、小泉総理はあと三年間、日本国総理大臣としてお務めになる可能性が高い。」
〜〜ヤジ〜〜(政権奪取を諦めたのか ブツブツ…)

岡田「…国民一人一人や地域、企業が主役になる、これは実は、民主党もよく似たことを前から言っているわけですね。官から民へ、国から地方へ、そして、旧民主党の時代から、市民が主役。…」
〜〜ヤジ〜〜(菅から岡田って言ったほうがいいじゃないかもうブツブツ…)

改めて当たり前の事実に一つ気づきました。議事録にはヤジが記録されていない、ということ。

ついでに民主党・木下厚議員の「不純異政交遊」の原因となったやりとりです。
木下「…けさの各紙朝刊に、首相の日々ということで、昨日の日程が報じられております。それを見ますと、昨日の夜の七時五分、東京・紀尾井町の赤坂プリンスホテル内のフランス料理店トリアノンにおいて、衆議院予算委員会の笹川委員長、大野自民党筆頭理事と三人で食事をしているという報道がありましたが、…」
小泉「議員同士、政治家同士が食事を一緒にする、意見交換をする、これは、政治家であれば木下さんもよくおわかりだと思います。…」
木下「もしそういう機会があるんだったら、野党理事もぜひ呼んでやってもらいたいな、まさにそれが公平ですから。ただし、きちんとそこは公平にやってもらいたい。…」

ついでに発見したのですが、参議院の方は、なんと、議事録検索から映像の頭出しができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.15

04・02・15 blogは微細トラフィック発生装置

子供の頃、怪しい駄菓子をなめながら青洟をすすり上げつつ見た紙芝居。その「国性爺合戦1巻」の動画実演がネットでリアルにみられます。個人的にはライオンマンが印象に残っているのですが残念ながらこのドコモの電子図書館には登録されていません。

ここの紙芝居の歴史からちょっと引用すると

戦後になると、街頭紙芝居は再び急激な勢いで復活を遂げます。1946年(昭和21年)には、『ライオンマン』、『黄金バット』などの紙芝居が演じられ、戦災で職を失った人や復員兵などを中心に実演者も一気に増加しました。街頭紙芝居の戦後のピークは1952年(昭和27年)、東京で約3000人、全国で約5万人の紙芝居演者がいたと言われています。
そうか、そういうことだったのか…と遠くを見る目になってしまいます。※下線は私がつけました※

…てな具合に、blogの記事にはよそのサイトへのリンクが含まれることが多いですよね。そもそもblogの原点は「このサイトに注目!」といった紹介リンクだったと聞きましたし。

こういうblogに来た人の何%がリンクをクリックして他のサイトに跳ぶだろうかと考えると、私のこの記事の場合は、おそらく80%以上ではないかと推察します。どうでしょうか?

blogと対照的なのが例えばニュースサイトでしょう。今朝のAsahi.comのニュース「旅館全焼、宿泊客計80人が避難 秋田・横手」は秋田県横手市大町の旅館平利(ひらり)という文化財旅館の火災を伝えていますが、記事の中には一切リンクがありません。

こういうサイトはネット上の目的地ではあっても、そこから他のサイトへのトラフィックを発生させる機能は弱い。あったとしても検索エンジンに行って旅館の名前を入力してみることぐらいでしょう。

blogってなんなの?と聞かれると、ついつい

「個人の公開日誌のようなものかねぇ」
「そりゃ気持ち悪くないかい?」
という会話へとねじれていって、だんだん
「やっぱりオマエはヘンなヤツだ」
という溝にはまって悶えることが多いでしょ。昔のパソコン通信時代も我々は暗い溝に放り込まれておりました。

blogが果している重要な役割は、紹介リンクや推薦リンク、あるいは記事のネタとして埋め込まれたリンクを通じて、ネットワーク社会のあちこちに分散して、無数のミクロなトラフィックを発生させていることじゃないか、と私は思うようになりました。

検索エンジンを中心に発生する巨大な噴水というかシャワーのようなトラフィックとは違うのですね。

どう違うか?分散している、ミクロである、さらに、リンクに推薦者の評価がくっついていたり、リンク関係が本当の人間関係だったりすることです。つまり人間的リレーションが絡んでいる。

検索エンジンというのは、現状でもゴミが多いし、結果が何百何千と出てきても見切れないし、実は必要な情報に的確にガイドできているか怪しいでしょ。

やがてblogも数が増えて、つまりご紹介・ご推薦リンクの毛細血管ネットワークが発達して、ミクロを足し合わせた規模が巨大になったとするとどうなるか?楽しみですね。

blogって何だ?と聞かれたら、これからは「微細トラフィック発生装置」なんだ、とも言ってみようと思いますが、でも、もっとうまい言葉はありませんかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.14

04・02・14 大麻ビール?!と七味唐辛子

街で「大麻ビールあります!」なんて看板をみたら、アナタどうしますか?アナタが中島らもさんとか、かつての米国民主党の大統領落選候補マクガバン上院議員だったら答えを聞く必要はないのは判ってますが。

で、私たちは、まさにその看板に好奇心を刺激されて、みなとみらい線の開通で賑わう横浜元町のとあるお店のドアを押してフラフラと入ってしまいました。

怪しい。でも、店先の堂々たる看板は合法性を高らかに歌っている。どういうことなのか?

店で注文してアッケラカンと出てきたビールはこんなモノでした。5050hempBeerDSCF0800.JPG
商品名は"Extra Hemp, Lager with hemp extract"。大麻からの抽出成分を含むビールってことです。

飲んでみると別に何にも起きません。ビール瓶のラベルには日本語の成分説明があって、「大麻種子エキス」とある。店のオネーサンに聞くと、ま、いつも聞かれることなんでしょうが、葉っぱとタネは違うらしいですよ、ふふふ、となります。

なんだか騙されたような気分で店を出ました。

一夜明けて、ふと気づいたのは、おいおい、そういえば七味唐辛子にも麻の実が入っていたじゃないか。小鳥のエサだって麻の実が入っていたぞ。

つまり、ビールに麻の実のエキスが入っているからと言っても、興奮する必要は全く無かったのです。要するに七味ならぬ一味ビールじゃないか。でも、その平凡な事実に気付くまでに24時間以上かかったのでした。

ちなみに、この巧みなマーケティングを展開しているのは、川越の小江戸ビールの製造元でもある協同商事さんでした。恐れ入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.11

04・02・11 衆議院TVとblog

10日の衆議院予算委員会で、民主党の岡田幹事長と小泉首相の間で、議場がやや騒然とする場面があったように日経新聞に書いてあったので、実際はどうだったのかなと衆議院TVを初めて覗いて見ました。

質問者別のインデックスがついているので目指す映像をすぐにみることができました。

岡田氏の90分の質問のうち、問題の場面は1時間22分経過したあたりですね【映像】

岡田「その答弁はいったい何ですか!きわめて無礼でしょう。」
小泉「無礼というなら、これほど総理に対して失礼な質問はないでしょう。」【映像】
さっきまで、私の頭の中では新聞記事の文言が「事実」に見えていたのですが、現場の映像を見てしまうと、記事はやはり「一つの報道」なんだなと改めて思いました。

とはいえ、この日の予算委員会の映像は全部で7時間32分。同じ日にあったテロ防止・イラク支援特別委員会も3時間23分。いくら休日でも全部見てるヒマはありません。

で、思ったのですが、

ああしたストリーミング映像ライブラリにも「この部分だ!」という部分にピンポイントでリンクを張りたいものですね。トラックバックも含めて。つまりストリーミング映像自体を無数の記事から構成されたblogのように捉えるのです。【補足】それが可能だとわかりましたので、問題場面の映像への頭出しリンクをつけました。04・02・18夜

そうすれば、いろいろな人が多様な視点で見所をピックアップして紹介できるでしょう。

テレビというメディアは、印象的な映像をくどいほど繰り返し流して、ある人物のイメージを徹底的に決めつけることをやります。比較的記憶に新しいところでは田中真紀子氏のスカート踏みつけ発言の場面とか、辻元清美氏の疑惑の総合商社発言の場面などですね。

テレビメディアの威力には誰も対抗できないので、この手法の餌食にされると作られたイメージを払拭することがほとんど不可能です。

もしも映像への部分的コメントリンクが可能になれば、blogワールドの側からささやかな抵抗ができるかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.02.07

04・02・07 中村光夫とblog文体

雑誌は新刊よりもちょっと古くなった号が味わい深いので、我が家のトイレでは古雑誌がピサの斜塔になってます。文藝春秋を中心に同じサイズの雑誌に限定。そこから気まぐれに一冊抜きだしてパラッと読むわけです。

昨夜、座り読みしたのは文学界2003年9月号の丸谷才一「ゴシップ的日本語論」。アッと思ったのは中村光夫の文章を取り上げている部分を見つけたからです。

丸谷氏は、小林秀雄が明治憲法なら中村光夫は新憲法だ、と言うのですね。明治憲法の文体は「なんかドスーンと胚にこたへて凄いけれども、普通の人間にはよくわからない」。新憲法の文体は「文章は本当に下手であるけれども、よくわかる」。

ここでクスクスと笑ってしまいました。

じつは、私がblogを書くときに、チラッと意識して来たのが他ならぬこのちょっと古くて忘れられそうになっている文芸評論家の新憲法文体だったからです。大袈裟に言えばってことですよ、もちろん。

つまり、格調や見栄にはこだわらずに、なんとか言いたいことを誤解なく伝えようという姿勢から生まれる文体、と私は理解しています。

人間同士のコミュニケーションなんて実にいい加減なものであって、(知ったかぶりして言えば)羊の群をシェパードが目的地に追い込んで行くようなものでしょう。強引に押し込めば群は散り散りに割れてしまうだろうし、端っこには必ずとんでもない方向に迷い出るものがいる。

天空に輝く星となって群れを導くことができる天才は別として、フツーの人はシェパードとして頑張るしかありません。中村光夫にはどこかでそういう凡人の自覚が訪れたのだろうと想像します。以前、図書館で調べたら、若い頃の文体は全然違っていたので驚きました。

憲法改正が政治日程の地平線上にのぼってきましたが、さて、新々憲法はどんな文体で書かれることになるのでしょうか。まさか石原慎太郎が起草するなんてことにはなるまいに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.04

04・02・04 玉村豊男ワイナリー見学ツアー企画

OTONA Timesの和田さんが長野県東部町にある玉村豊男ワイナリー見学ツアーを企画しています。4月4日って何曜日かな?カレンダーをみたら日曜日か。

目玉は

ヴィラデストワイン赤白試飲各60cc、シードル150cc、フランス産ワイン赤または白100cc=1人あたりボトル半本の計算(それ以上飲みたい場合は別料金で承ります)
という部分でしょう。

フランス産はどうでもよいのであって、玉村ワインが主の美学の許容範囲に入っているのかどうか、そこが気になるわけですが、それにしても「赤白試飲各60cc」ってのはちょっと少なすぎません?これが目玉なんでしょ?!

和田さんのお嬢さんたちが言ってるって聞いたような気がするのですが、やっぱり「玉さん」って、イジワルでケチなオジサンなんですか?60ccをせめて120ccにして欲しいよなぁ…。

お嬢さんだけじゃない、ヒュー・ジョンソンも言ってます。ワインの評価とは、まずワン・グラス飲んでみる。そして、もう一杯欲しいと思うか、それとも、ボトル一本が欲しいと思うか、いやいやとんでもない、これならワン・ケース欲しいと思うか、そういうものだと。ま、これは偏差値的な点数をまことしやかに1点刻みで付ける評論家ロバート・パーカーに対する批判を込めていることは言うまでもないわけですが。

私はヒュー・ジョンソン派なので最低限度ワン・グラスといえる量が欲しいのです。で、もし美味しかったら?VILLA D'EST (ヴィラデスト)はクレジット・カードで支払いできますか?

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2004.02.01

04.02.01 平凡で非凡な「鶴瓶の家族に乾杯」

さだまさしと鶴瓶のコンビで始まった最初の放送をたまたま見て、この企画にも鶴瓶という人物にもいたく感心して、以来、放送日に気がつけば見ているのがNHKの「鶴瓶の家族に乾杯」という番組です。でもこの放送一覧表を眺めると私が見たのは半分ぐらいかな。

昨年の橋田賞では授賞理由を「日本中のいろいろな土地を訪ねた先で出会う人々との素顔のままの飾らない交流がほのぼのとして心温まり、日本の家族の良さを再発見させてくれる番組 」としています。これはほぼ同感です。鶴瓶という人選が大きいと思います。

私はここにもう一言つけ加えたいのです。

現代のマスメディア、特に新聞の社会面やテレビのニュースは、世界の異常な事件をほぼ漏れなく報道してくれるでしょ。

おそらく、繰り返し報道されるような忌まわしい犯罪は、統計学的には平均値から3σも4σも離れた異常な事象ですよね。heibon.JPG
でも、どういうわけか人間は異常なものほど知りたがるのだからしかたがない。

でも、この原理だけでやっていると、99.9%の平凡なものがメディアにカバーされなくなってしまうということです。この状況は一種の偏向報道と言えなくもないでしょう。

この難しい問題に挑戦し成功しているのが「鶴瓶の家族に乾杯」で、平凡な家族の平凡なありようを映して番組を成り立たせているところが、非凡だと思うのです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »