« 04・03・14 シロバナタンポポ横浜にまだあった | トップページ | 04・03・15 花を食べる鳥 »

2004.03.14

04・03・14 切れてるポスター

ChirashiD50SCF1037.JPG進化したポスター 2004・03・13 横浜市青葉区 Copycenter 2004 Akira Kamakura
図書館の掲示板で見たロシア語教室の案内ポスター。

下の方は切れ目が沢山入っていて、電話番号、というかサマリーだけを、出来るだけ多くの人がちぎって持って行けるようにしてあるのです。

よく考えたものですね。気が利いています。この掲示板に貼ってあるこの手のポスターは、ほとんどが同じ様式になっていました。

はて、どこの誰が発明したのでしょうか。今頃気付いた私がトロイのか?

|

« 04・03・14 シロバナタンポポ横浜にまだあった | トップページ | 04・03・15 花を食べる鳥 »

コメント

こんばんは。お久しぶりです。

このちぎって持っていけるポスターを僕が最初に見たのはもう5年以上前です。当時池袋にビルがある会社に勤めていたのですが、駅前にある電話ボックス周辺の風俗店のポスターでした。電話をしながらへぇーと感心したものです。

この業種が最初かどうかわかりませんが、この手の業種は結構アイデアがあったり取り入れがはやかったりなので、案外この業種が初かもしれませんね。

投稿: OKAMURA | 2004.03.15 00:54

なるほど!フーゾクねぇ。それなりに真剣にやっているってことですね。オモシロイですねぇ。

投稿: bee | 2004.03.15 09:45

ヤマハの教室の掲示板でよく似たのを見ました。「ベーシスト募集」とかいう、アマチュアバンドの募集広告。
手書きのポスターに、メールアドレスを書いたポストイットカードがたくさん貼ってあって、これも全部手書きでした。
来て欲しい、という熱い思いをムンムン感じましたね。

投稿: yoshioka | 2004.03.15 09:53

大学サークルの勧誘の張り紙は、大抵このタイプになっていました。10年前くらいには既に一般的に使われていたようなので、結構古くからあるのではないでしょうか。

投稿: Wamo | 2004.03.15 10:36

1982年にシリコンバレーに赴任しましたが、スーパ
とか、いろんなパブリックスペースではこの方式で
したよ。これは便利だな~~と感心したのを思いだします。 ニューヨークでは有りませんでした?
そのうち、携帯電話のスキャナーで情報を読める時代になりますね。

投稿: jo | 2004.03.15 11:25

とうとう82年シリコンバレーまでさかのぼりましたか。

1978年頃の東海岸、New Jerseyのスーパーの掲示板では
3×5のカードはよく見かけましたが、この切れてるポスター
は記憶にありません。

いずれにせよ海外起源説が濃厚かな。

投稿: bee | 2004.03.15 22:06

こんばんは。
1975年にBerkleyに3か月ほど滞在したことがあるのですが、もうその頃にはcoopの掲示板に同様のものがありましたよ。

投稿: m_wada | 2004.03.16 01:46

5,6年前に近所の電信柱の「迷い猫を探してます。見かけたら連絡ください!」というチラシで初めて見ました。
協力したい気持ちはあっても、なかなかメモをとるまではできませんが、電話番号だけちぎって持っていけるのはとてもいい方法だと感心しました。(私も一枚ちぎりました)

投稿: Haruki  | 2004.03.17 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/300097

この記事へのトラックバック一覧です: 04・03・14 切れてるポスター:

« 04・03・14 シロバナタンポポ横浜にまだあった | トップページ | 04・03・15 花を食べる鳥 »