« 04・03・21 アケビとムベ | トップページ | 04・03・28 セレンディピティ植物図鑑 »

2004.03.23

04・03・23 羽衣の松はグレビレア

「羽衣の松」という怪しい名札がついた鉢を買ったのは10年ほど前のこと。横浜の大きなデパートの屋上の園芸売り場だったような記憶があります。

DSCF1278.JPG雰囲気からオーストラリアあたりの植物だろうと見当はつけていましたが、なかなか正体がわかりません。

ハゴロモノマツ Grevillea alpina
2004・03・23 横浜市都筑区
Copycenter 2004 Akira Kamakura


その後オーストラリアに旅行した時に現地の植物図鑑を買い込んで調べました。その結果おそらくグレビレア(Grevillea)だろうということにしています。園芸品種が沢山あるようで、ウチのは図鑑の'Canberra Gem'というものによく似ています。
HagoromoDSCF1123.JPG
この写真のデキが悪いので見づらいのですが、花の形がなんとも不規則で複雑です。葉はまさに松葉で、触るとチクチクと刺さります。そこに着目して我が庭では人の通行を遮る低い生け垣にしています。

ハゴロモノマツ Grevillea alpina
2004・03・14 横浜市都筑区
Copycenter 2004 Akira Kamakura


いいわけになりますが、この花も葉も、私のデジカメのオートフォーカスがなかなかうまく機能してくれません。何度やってもボケます。

林達夫は「作庭記」の中で

わが国には古来の植木屋のいやな伝統があって、例えばヒース(エリカ)のような比較的最近の舶来植物にさえ、楊貴妃とか紫宸殿とか八千代とか残雪とかそんな名称を十幾つもご苦労にもつけて売り出している。そして原名を照会しても知らないと言ってすましている。
と嘆いていますが、「羽衣の松」もその典型的な例でしょう。

ま、とはいえ「羽衣の松」はうまい命名だとは思います。肝心のグレビレアって名前の方はちっとも頭に残りません。

|

« 04・03・21 アケビとムベ | トップページ | 04・03・28 セレンディピティ植物図鑑 »

コメント

写真を拝見する限り、このHPのものと似ているように感じられます。
http://aoki2.si.gunmau.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Grevillea-alpina.html
確認は取りませんでしたが、オレンジのものはマーマレードの木として、また、小さいものはピグミーダンサーとして売られていたように記憶しています。

投稿: マンゴプリン | 2004.03.24 15:11

マンゴプリンさん、貴重な情報をありがとうございました。
まさにコレです。Grevillea alpinaなんですね。
群馬大学青木教授のページ。

青木先生の統計関係のページには日頃Excel VBAのコードなどでお世話になっていましたが、まさか植物園まで手を広げておられるとは知りませんでした。いつも先生のWebを、身勝手ないいとこ取りの使い方しかしていなかったのがバレますね。

投稿: bee | 2004.03.24 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/343326

この記事へのトラックバック一覧です: 04・03・23 羽衣の松はグレビレア:

» 03・12・23 林達夫式園芸 [またいらないモノ買っちゃったよ]
林達夫は園芸随筆「作庭記」の最後のところでこんなことを言っています。 ファーブルは自分の庭を一種のアーボレータムにして自分の植物研究に資すると共に、同時にそこ... [続きを読む]

受信: 2004.03.23 23:18

« 04・03・21 アケビとムベ | トップページ | 04・03・28 セレンディピティ植物図鑑 »