« 04・05・01 アケビとムベ。不安とのん気。 | トップページ | 04・05・03 アケビとムベ、水滴くらべ。 »

2004.05.01

04・05・01 シキミの場所は矢倉沢往還沿いだった

別名ハナノキで本名「シキミ」(樒)は、言われてみれば仏事で聞いたことがある名前でした。図鑑には、

シキミは仏事に使われる。樹皮や葉は抹香や線香の原料。全体が有毒で、特に果実は猛毒。和名も「悪しき実」がなまったものといわれる。
山渓ハンディ図鑑3「樹に咲く花 離弁花 1」

ウチの近所を見たかぎりでは、この樹を植えている家は二軒しかありません。抹香くさい樹というわけで、一般の庭に好んで植えられる樹でないことは確か。つまり造園業者がオススメすることはないと推測がつきます。

先日書いたシキミは現代風のガーデニングの結果そこにあるという風情ではありません。プライバシーに配慮しつつその様子を紹介するとこんな感じです。図鑑では2-5メートルになる常緑小高木とありますが、写真の樹は高さ3mほど、幹の直径20cmほどです。思いつきで1本植えたのではなく4-5本並んでいます。

さて、なぜシキミがここにあるのか?妄想を膨らませてみましょう。

ここは旧大山街道、正確には矢倉沢往還に沿った場所です。高津郷土資料集第十三篇「写真で読む今昔・矢倉沢往還」の説明に基づいて、1947年の航空写真に重要と思われる名前を書き込んでみました。

YagurasawaOukan.JPG
写真左下の黄色い○は今では「老婆不動尊」と呼ばれていますが、かつては「牢場」であったと地元の人から聞いてはいました。この郷土資料にはそのことがハッキリと書かれています。ここに罪人が牢につながれ、道を、写真では右上の方向、有馬の方に登って行った先で処刑され、そのあたりが「血流れ坂」だったというのです。

で、シキミの場所を1992年の航空写真を手がかりに推定すると、ちょうど「血流れ坂」を下ったあたりになるのです。罪人とはいえ仏として線香を手向けたとすると、このシキミが必要だったのではないか…。

【追記 04・07・21】6月から7月にかけてでしょう、問題のシキミがあった家が取り壊されて、そのあたりが全面的に更地になってしまいました。シキミも消滅です。図らずも私が撮った写真が歴史的証拠写真になってしまいました。

|

« 04・05・01 アケビとムベ。不安とのん気。 | トップページ | 04・05・03 アケビとムベ、水滴くらべ。 »

コメント

関西ではシキビといいます。葬式は何時も、シキビを家の前に並べます、関東のように花輪の風習はありません、シキビのみ。仏事での話と考えられられていますが、私も良く知りません。個人的には日本の古い風習も関係が深いと思います、榊と似ていますよね。問題は毒性です。喪がり(数週間,数ヶ月遺体を棺桶にいれ弔う風習)と関係が深いのではないですか?以前、樟についてコメントさせて頂きました通りです。喪がり期間中、野生動物から遺体を守る為ではないでしょうか。

投稿: jo | 2004.05.01 14:35

こんにちは。榊は神棚に、シキミは公明党に関係の
宗派の方が、お仏壇に供えるために、花屋さんにいたとき
売っておりました。東京も同じ様ですが、地方では
ちがうのかな?

投稿: ゆうな | 2004.05.03 11:52

植物の専門家ではありません、先ずおことわりしておきます。関西では葬式といえばシキビを送ります。葬式会場の周りはシキビで埋め尽くされます。宗派は関係有りません。私の考えは先程述べましたが、日本人の歴史と大いに関係が深いと考えています。家は檜でなければいけないのですね、棺桶はクスノキなのですね。今はその風習が無くなり(棺桶の話)ましたが、伝統を最後まで残すのは葬式儀礼なんですね。民族の記憶なんでしょうか。鎌倉さんが好きなワインの樽ですが、何でフランスの何チャラという木を使うんでしょうか?不思議ですね。

投稿: jo | 2004.05.03 16:24

 はじめまして。
 私が書いているBLOGと同じ地域(血流れ坂)を話題にしておられたので,トラックバックを送らせていただきました。
 私のBLOGの写真の血流れ坂は,まさにこのBLOGの航空写真中の血流れ坂です。しかし,最近,横浜市立都筑図書館で「港北百話」という本を見つけ,その中にこの付近の地図があったのですが,この坂は「ウトウ坂」と記載され,少し西の別の坂が「血流れ坂」となっていました。この地図には,牢屋の場所,処刑場の場所も特定されて記載されており,興味深い本でした。
 「血流れ坂」と「ウトウ坂」が同じ坂だと記載されているホームページもあり(http://homepage3.nifty.com/tougepal/utou.htm),真相はよくわかりません。

投稿: Alice堂 | 2004.05.15 03:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/520278

この記事へのトラックバック一覧です: 04・05・01 シキミの場所は矢倉沢往還沿いだった:

» ゴールデンウィークも終わり [はじめてのWEBLOG]
 5月5日でゴールデンウィークも終わり。  今年のゴールデンウィークは,出かける [続きを読む]

受信: 2004.05.15 03:23

» 05・03・19 シキミ語源再考 [またいらないモノ買っちゃったよ]
シキミが咲き始めました。うちの近くの墓地で見つけました。 シキミは毒のある「悪しき実(ミまたはビ)」と言われていたのだが、「あ」が取れてと「シキミ」「シキビ」に... [続きを読む]

受信: 2005.03.19 20:08

« 04・05・01 アケビとムベ。不安とのん気。 | トップページ | 04・05・03 アケビとムベ、水滴くらべ。 »