« 04・05・19 私たちのゴルフの掟 | トップページ | 04・05・25 ムベだって安泰ではない »

2004.05.24

04・05・24 山菜を摘んでコス・デストネルを飲んでいいのかな

嬬恋村にある友人の別荘で恒例の山菜とワインとゴルフの集まり。

山菜の師匠たる友人の先導でウド探しに出かけると最初はキョロキョロするばかりでなかなか見つかりません。今年で3回目になるのというのにちっとも学習が進んでいません。
だいたい下の写真のような具合にウドは生えています。

Udo50DSCF3076.JPGUdo50DSCF3049.JPGUdo50DSCF3058.JPGUdo50DSCF3065.JPG
ウド 2004・05・22 群馬県嬬恋村 Copycenter 2004 Akira Kamakura

左の2枚の写真のように既に葉が開いている場合に特にニセのウドと混同して騙されやすいのですが、今年学んだのは、ホンモノの茎には産毛が密生していることです。葉が似ていても茎がツルンとしているのはウドではない。

わが師匠は右の2枚の写真のような枯れ葉の中からわずかに頭をもたげたウドの芽を実に目ざとく見つけます。だいたい、去年の冬に枯れて倒れた茎、つまりウドの大木ですが、それをまず探しているようです。今年も同じ場所に生える筈という推理です。


Tempura50DSCF3122.JPGSumisoae50DSCF3119.JPGTama50DSCF3110.JPGCos50DSCF3108.JPGLaDame50DSCF3109.JPG
ウド料理とワイン 2004・05・22 群馬県嬬恋村 Copycenter 2004 Akira Kamakura
今年はウドが沢山とれました。みずみずしくもほのかにエグミを含みシャキシャキと軽い歯ごたえのあるこの山菜をテンプラや酢味噌和えにして堪能しました。季節のうつろいの中でたった今しか楽しめないからこそ美味しいのですね。

ワインはまず玉村ワイナリーのシャルドネ。そして、この山菜師匠がエノテカの3000円の福袋で思いがけずも手に入れてしまったコス・デストネル。1999年と若いのがもったいないのですが、でもね、目の前にあるとどうしてもコルクを抜いてしまうのですね。右隣のはモンローズのセカンド。同じサンテスティーフということで、コスのありがたみを確認する引き立て役として私が買って行ったもの。


UruiDSCF3085.JPGUrui50DSCF3121.JPG
ウルイ 2004・05・22 群馬県嬬恋村 Copycenter 2004 Akira Kamakura
師匠の今年のオススメはこのウルイでした。山菜なんてという先入観を揺さぶるものがあります。ウマミがあるのです。強いていうとエグミがなくて山菜らしくないのが物足りないということになりますか。


Koshiabura50DSCF3089.JPGHarigiri50DSCF3022.JPG
コシアブラとハリギリ(アクダラ) 2004・05・22 群馬県嬬恋村 Copycenter 2004 Akira Kamakura
時期的にもう終わっていたのがタラとかこの写真左側のコシアブラ、そして右のアクダラでした。

|

« 04・05・19 私たちのゴルフの掟 | トップページ | 04・05・25 ムベだって安泰ではない »

コメント

うーん、ぜいたくですねえ。
とれたてのウドにウルイにワイン....。コス・デストネルは他で見ると98年が8,980円などとありました。
それが99年とはいえ3000円?福袋?
やはりいろいろこれまで「精進」してこられた方のところには、
お金のかからない「ぜいたく」のご褒美があるものなのですねえ。

投稿: yoshioka | 2004.05.25 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/643602

この記事へのトラックバック一覧です: 04・05・24 山菜を摘んでコス・デストネルを飲んでいいのかな:

» 04・06・13 ご近所のウドくん [またいらないモノ買っちゃったよ]
アクダラだけでなく身近なウドの場所も記録しておきましょう。ここです。 ウド 2004・05・29 横浜市青葉区 Copycenter 2004 Akira Kamakuraまだ100%の自信があるわけ [続きを読む]

受信: 2004.06.13 21:50

« 04・05・19 私たちのゴルフの掟 | トップページ | 04・05・25 ムベだって安泰ではない »