« 04・05・29 マサキとマユミの兄妹 | トップページ | 04・05・31 笠間東洋ノムラカエデ »

2004.05.29

04・05・29 NHKの東京ドーム巨人戦中継のヒミツ

NHK総合テレビで巨人戦の中継を見ていました。

東京ドームなのに日テレではなくNHKというだけでかすかな違和感があるのですが、放送を観ているうちに、何か違うなと思いました。

そりゃ、アナウンサーも解説者も映像も違うのは当然ですが、そういうことではなくて、中継している対象から違っているような感じがあったのです。

しばらくして気付いたのは音声でした。球場全体の雰囲気を伝える音声です。


日テレの場合、応援団の音が鮮明です。しかしNHKはその音がこもっている、というか遠くで鳴っているのです。どうも、NHKは応援団の発するラッパや金や太鼓の音を採ろうとしていないなと感じました。思い過ごしでしょうか?

子供の頃、父親につれられて駒沢球場で東映フライヤーズの試合を観たことがあります。毒島や張本の時代。あのころ大音響の応援団なんていなかったような気がしますね。硬球を木のバットが捉えるパチーンという乾いた音が耳に残っていますから。

数年前、たまたまプレゼントされたチケットで東京ドームの巨人戦を観戦。三塁側の外野よりの席でしたが、左翼席の応援の音響が凄まじくて、なんと、松井がホームランを打ったことが判りませんでした。なんだか知らないけどユックリとベースを一周している姿でそれと判ったのです。肝心の球を打った瞬間の音がまったく聞こえませんでした。

あのとき、東京ドームの入口で手荷物検査があって、たしか缶飲料などの持ち込みが制限されていたように記憶しています。グラウンドに投げ込まれるという意味では蓋然性でしかない缶がいけなくて、確実に球場全体に大音響を鳴り響かせることが判っているラッパや金や太鼓は持ち込み自由ってのが、どうにも納得が行きませんでした。

応援団の言論や表現の自由とその他観客という公共の利益のせめぎあいでしょうか?プロ野球のコミッショナーというのは法曹界の出身者だったように記憶しているのですが、いちど見解を聞いてみたいものです。

以来、ホントは行きたいのですが実際の試合を観に行く気がしません。しかし、次善の策がNHKの中継だってことに今日初めて気がつきました。

|

« 04・05・29 マサキとマユミの兄妹 | トップページ | 04・05・31 笠間東洋ノムラカエデ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/676968

この記事へのトラックバック一覧です: 04・05・29 NHKの東京ドーム巨人戦中継のヒミツ:

« 04・05・29 マサキとマユミの兄妹 | トップページ | 04・05・31 笠間東洋ノムラカエデ »