« 04・06・05 うつむいて咲く花 | トップページ | 04・06・06 イヌムギとコバンソウの麦秋 »

2004.06.05

04・06・05 フェイジョアの花

フェイジョアの花が咲きました。ハデなんですね。おまけにフトモモ科という肉感的な分類名まで戴いています。ブラジル原産と言われるとなるほどと感じてしまいます。
0529Buds50DSCF3161.JPG50DSCF3533.JPGSpear50DSCF3530.JPG
フェイジョア 蕾(左)2004・05・29 花(中・右)2004・06・05
横浜市都筑区 Copycenter 2004 Akira Kamakura

左端の写真はちょうど一週間前の蕾です。花の特徴は右端の写真によく写っています。雌蕊が槍のように長く突出していて、同じ花の雄蕊を避けているらしいのです。

50TreeDSCF3534.JPG植えて10年以上たちますが、あまり日当たりがよくない場所だからなのか、木としては大きくなっていません。でも実は毎年なります。

この木のいいところは、木の肌の色が明るいテラコッタのようで美しいこと、葉が密生しないので濃い陰を作らないこと、葉の裏が白いので見上げると明るいこと、枝の伸び方が不規則で面白いこと、そして美味しい実がよく成ることです。

この実は秋に熟すと枝から自然落果します。面白いのは、一つ落ちると、残りの実も後を追うように次々と落ちるのです。熟した実が放出するエチレンガスの影響をことのほか受けやすいのかと思っています。

ものの本には落ちてから食べろと書いてありますが、そんなことはありません。枝についているのをもいで、実の赤道で上下に切って、小さいスプーンでくり抜くようにして食べるのが私のやり方です。グァバのようなちょっとザラザラした舌触りが特徴です。

ずいぶん前のことですが、本場ブラジル産の大きめのフェイジョアが渋谷の西村フルーツで一個800円で売られていたのには驚いたというか、なんというか、ちょっと嬉しかったことがありました。

|

« 04・06・05 うつむいて咲く花 | トップページ | 04・06・06 イヌムギとコバンソウの麦秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/718420

この記事へのトラックバック一覧です: 04・06・05 フェイジョアの花:

» 04・10・23 フェイジョアの実 [またいらないモノ買っちゃったよ]
フェイジョアの実が落ち始めました。たぶん台風のせいでしょうが、まあ、そろそろそういう季節でもあります。まだ木についたままの実も沢山あります。まずは落ちた実を拾い... [続きを読む]

受信: 2004.10.24 14:32

» 中国から来たという花... [Faithful wind]
◆2005年7月13日(水)TB THANX「自然を求めて」TB記事:道さて?中国から来たというけれど・・・なんだか不思議な花。ぽってりとして・・色も中国的〜♪母が植えたものですけれど・・名前が出てこないそうです。ある日、ふと見上げれば・・咲いていた。☆〜クリックすれば 1153x10... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 02:29

« 04・06・05 うつむいて咲く花 | トップページ | 04・06・06 イヌムギとコバンソウの麦秋 »