« 04・06・27 クツワムシかな?マユミホテルの客は… | トップページ | 04・07・03 黒木亮の目に映った赤芽柏の正体とは!? »

2004.06.30

04・06・30 エゴノネコアシの猫だまし

近視眼的という批判は、キミは近くしか見ておらん、もっと遠くも見なきゃ世の中の真実を把握しそこなうよということでしょう。もちろんこれは裸眼でのことです。矯正視力だったら話は逆で、老眼鏡的だと言わねばなりません。英語ではmyopiaで、Progressive英和辞書には「洞察力の欠如」とグサッと来る定義が筆頭に来ています。

近視眼的な観察はいかにして起きるか、最近一つ思い知らされました。

6月下旬に入ってから、近所の木にこんなツボミらしきものを見つけました。
Tubomi50DSCF0082.JPG
エゴノネコアシ
2004・06・27 横浜市都筑区
Copycenter 2004 Akira Kamakura


たわわについています。ね?沢山あるでしょ。どうもこれまで見たことがない珍しい花のような気がしたし、これは咲けばけっこう豪華な花になると思いました。ならば花が開くまでの様子をデジカメにおさめておこうと思ったわけです。

だいたい正体不明の植物を放置できないたちの私は、だんだんソワソワしてきて、先日、山渓の「樹に咲く花」シリーズの図鑑3冊を悉皆調査してみました。写真が豊富なのでそういうことが可能なのです。

そうしたら見つかりました、まさにこの写真と同じものが。解説はこうです。

「これはエゴノネコアシアブラムシの幼虫が冬芽に寄生してつくった虫えいで、エゴノネコアシと呼ばれる」。

エゴノキにつく虫コブだった、というわけです。私はエゴノキはよく知っているつもりでした。なのにわからなかった。
EgonomiToNekoashi50DSCF0099.JPG
エゴノネコアシとエゴの実
2004・06・29 世田谷区瀬田
Copycenter 2004 Akira Kamakura


他の場所の木を調べると実とネコアシの両方がついていて、これなら少なくともエゴノキだということは判ります。しかし、どういうわけか最初に見た木では、写真にもあるとおり、ネコアシの近くにはエゴの実がなかったのです。

この虫コブがあまりにも珍しかったので、てっきり自分が知らない植物に直面していると思い込んで、全体を観察することを怠ってしまった。 まさにmyopia。

なんというか、エゴノネコアシが目の前にぶら下がっていて、猫だましを喰らったんですね。

|

« 04・06・27 クツワムシかな?マユミホテルの客は… | トップページ | 04・07・03 黒木亮の目に映った赤芽柏の正体とは!? »

コメント

これはこれはニャンともはや珍しいものを見せていただきました。
早速こちらの近辺でも探して見ます。

ところでここしばらく忙しかったものですから、時期を
逸しましたが、山アジサイには興味がありませんか?

先日、某所で七段花・深山八重・富士の滝と購入しました。
特に富士の滝は真っ白な花が満開な時に購入しましたのが、
今は色が変わり、きれいな緑の花になりました。
後の二株はバーゲン品なのでまだ花は見ていません。
来年が楽しみです。

投稿: マンゴプリン | 2004.07.02 10:30

アジサイは剪定がむずかしいんですよね。花はその年のシュートにしか咲かないから適当にやっていると花が咲かない。といって放置すると花は咲くけどどんどん株が大きくなる。そして冬は骨だけになってやけに寒々しい。

今調べたら http://lining.kir.jp/flower/knowhow/knowhow7.html ここですが、アジサイの剪定のコツは「花が咲いたらすぐ、です。花が咲いたら花から2節下の脇芽のすぐ上で切ります。花は生け花として楽しんでください。これが一番確実な方法です。」と書いてあります。これはなかなかできません。真っ盛りの花をチョキチョキ切ったら奥さんから猛烈な抗議が来ること必至です。

マンゴプリンさん、頑張ってください。

投稿: bee | 2004.07.02 11:41

beeさん

調べていただきありがとうございます。
「富士の滝」というアジサイは最初が真っ白なのですが、
段々薄い緑色に変化すると言う変わりアジサイです。

http://www.twin.ne.jp/~saineria/photo14/ajisai.html

ここの写真は緑色に変化はじめていますね。
実はもう新しい葉が動き始めていたので、あわてて花を切りました。

生けてみたら、これがまた、今、流行りのグリーンブーケ。
中々素敵です。

今朝は朝から大変でした。
七段花が水切れですっかり葉がカリカリに。
仕方なく腰水につけてあげてカブとしては復活しました。
葉は、冬になれば落ちるので、諦めました。

ところで私は奥様ですから、自分でやったことを主人に抗議は出来ません。
残念です。

投稿: マンゴプリン | 2004.07.03 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/876448

この記事へのトラックバック一覧です: 04・06・30 エゴノネコアシの猫だまし:

« 04・06・27 クツワムシかな?マユミホテルの客は… | トップページ | 04・07・03 黒木亮の目に映った赤芽柏の正体とは!? »