« 04・08・01 浦安の納涼花火大会、いかにもの構図 | トップページ | 04・08・05 歴史をアートするAaron Kerner »

2004.08.01

04・08・01 ベニバナボロギクは確かに狙われていた

この花がわからなくて、写真におさめて図鑑を調べてベニバナボロギクだと判明。アフリカ原産の帰化植物で、戦争中は台湾などで日本の兵士がシュンギクの代用野菜として食べていたといいます。当時の現地での名前は南洋春菊とか昭和草とのこと。

BeniBoroDSCF1018.JPGBeniBanaBoroGikuDSCF1016.JPG
ベニバナボロギク 2004・07・31 横浜市都筑区 Copycenter 2004 Akira Kamakura

なかなか面白い過去のある植物なので、改めて写真を撮ろうと再び現場に行きました。

ところがあるはずの場所に見当たりません。おかしいなと何度もチェックしましたがどうしても無い。で、よくよくその場所を見ると、土に引っこ抜かれた跡が見えます。

見た目がカワイイから持ち帰ったのか、あるいは、食用と知って採取したのか。ちょっと興味深い「事件」でした。

いずれにせよ、ボロギクのイメージがしっかりと記憶に焼きつきました。

|

« 04・08・01 浦安の納涼花火大会、いかにもの構図 | トップページ | 04・08・05 歴史をアートするAaron Kerner »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/1101744

この記事へのトラックバック一覧です: 04・08・01 ベニバナボロギクは確かに狙われていた:

« 04・08・01 浦安の納涼花火大会、いかにもの構図 | トップページ | 04・08・05 歴史をアートするAaron Kerner »