« 04・08・25 ウバメガシとシャクトリムシの体操演技 | トップページ | 04・09・01 マキの実の多色玉砂利 »

2004.08.29

04・08・29 木内酒造の面白い日本酒試作品

KIORADSCF1773.JPG日曜日、麻布十番のKIORAで木内酒造主催の第三回東京蔵楽々会に参加してきました。鵜野シェフの料理はもちろん素晴らしいと思いましたが、お酒の方でもめずらしいものを飲ませてもらいました。

アルコール25%の日本酒が出たのです。

日本ではまだどのメーカーも醸造したことがない、冷結濃縮高アルコールの日本酒です。ビールでいえばアイスボック。アルコールと数はなんと25度の芳醇なお酒です。
というメニューの説明を読んで、あの日本酒度+20幾つとかの超辛口「雪の松島」みたいなものか?と思ったのですが、醸造酒で25%は考えてみればおかしい。発酵がその度数に進む前に酵母がくたばってしまうはず。

飲んで見ると明らかに焼酎とは違う。サラサラしないのです。日本酒らしさが濃厚にあって酸味が印象的に強い。飲み終わってしばらくしてお猪口がベタベタしているのに気づきました。じつに不思議な味わい。
25sakeandshochudscf1810.JPG
25度の日本酒と赤ワイン樽フィニッシュの焼酎
2004・08・29 港区麻布十番 Copycenter 2004 Akira Kamakura


この醸造を担当した女性杜氏さんがテーブルに来てくれたので色々と聴いてみたところ、冷結濃縮というのは、いったん普通に作った日本酒を凍らせて水分を取り除くのだそうです。だからアルコールはもちろんのこと日本酒らしさの成分も濃縮される理屈。もともと濃縮前のお酒を酸味を強めに作ったそうですが、それもさらに濃縮されているように感じました。確か、酵母も珍しいものを使っていると言っていたような気がするな。最近流行りのナデシコ酵母とかその手のものですか?と半可通的質問をしてみたところ、違うとアッサリ却下されてしまいました。

これで、濃縮された成分の中に、ワインでのタンニンに相当するような熟成で変化するものがあると古酒としても面白くなるのでしょうが、どうなんでしょう。一般に古酒にはあまり期待しない私ですが。

TOUJIDSCF1814.JPGこのお酒はあくまでも試作品であり非売品。その凍結濃縮のための装置もまだ借り物だそうで、今後どうするか、考え中といったところでした。

もう一つ、奇抜なお酒がでました。米焼酎を赤ワイン樽でフィニッシュしたもの。自前の赤ワインを醸造した樽がアメリカン・オークなのかフレンチなのか、杜氏嬢は教えてくれなかった。

グラスを鼻に近づけると一瞬ちょっと珍しい香りが立ち上りましたが、それっきり。味の方には特別な変化は感じられませんでした。

だいたいの狙いはわかる。スコッチはまずバーボン樽で熟成させて最後にシェリー樽やらポート樽やらでフィニッシュの香りを着けるものがあるけど、たぶんあれと同じ発想なんでしょう。色々考えたすえの創作意欲あふれる面白い試みだと思いましたが、結果的にはまだ実験レベルという感じですね。

木内酒造はビールで成果を上げているからなのか、若い人たちが色々なお酒の新作に意欲的に挑戦しているようで微笑ましく思いました。そのうちとんでもない失敗作が生まれて、捨てるのがもったいなから飲んでみたら絶品だった、なんて田中耕一さん的ノーベル賞級のドラマがあることを期待しております。

ちなみに私は木内酒造の常陸野ネストビールのヴァイツェンのファンです。

|

« 04・08・25 ウバメガシとシャクトリムシの体操演技 | トップページ | 04・09・01 マキの実の多色玉砂利 »

コメント

はじめてコメントいたします。
記事ももちろんですが、本当に素敵な写真だらけで、
見ているだけで気分が爽快になってきます。
私も知人に連れられて「手造りビール工房」に参加して以来、木内酒造さんのファンで、通販で常陸野ネストビールを買ったり日本酒を贈答に使わせてもらったり、仕事関係の記念品を「オリジナルラベルビール」にしたりしていました。
都内でのイベントのお知らせもメールで読みつつ、今までは足を運ぶ勇気がなかったのですが、この記事を読んで、次は絶対に行ってみようと思いました。
これからも更新&写真を楽しみにしております。

投稿: わだ | 2004.09.19 23:52

わだ様、コメントをありがとうございました。アノwadaさんですね、ご無沙汰しています。同じ木内酒造ファンとは!驚きました。私は鴻巣の本店は時々ゴルフの帰りに寄っていますが、イベント参加は初めてでした。なかなか楽しめましたよ。はるばる筑波から麻布十番まで来られた方も多かったのには驚きました。木内酒造のファン層のヒミツをチラッと垣間見た納得感がありました。次回はぜひ!

投稿: bee | 2004.09.20 22:43

H.T氏にご紹介いただき3年前、面接の形で一度だけお会いいただいたことがあるのですが(お話にすごく感銘しました!)、覚えていただいていると思っていませんでした。
木内酒造サイトを訪れて、なにを注文しようか悩み中です♪
それでは。

投稿: わだ | 2004.09.21 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/1318080

この記事へのトラックバック一覧です: 04・08・29 木内酒造の面白い日本酒試作品:

» 04・09・05 25度の日本酒のポジションは食前酒かな [またいらないモノ買っちゃったよ]
先日の木内酒造のイベントの時に購入の申し込みをした例の25度の日本酒が、土曜の朝、クール宅急便で届きました。 菊盛25度2004・06・13 横浜市都筑区 Copycenter 2004 Akira [続きを読む]

受信: 2004.09.05 18:51

« 04・08・25 ウバメガシとシャクトリムシの体操演技 | トップページ | 04・09・01 マキの実の多色玉砂利 »