« 04・09・04 アリが物語るか?ムベの熟れ頃 | トップページ | 04・09・05 デイジーの想い出 »

2004.09.04

04・09・04 立派なスズカケノキがこんな姿に…

わたしのお気に入りのアメリカスズカケノキがすっかり枝を切り詰められてこんな姿になっていました。他の大木はそのままで、この一本だけでしたからきっと何か理由があるのでしょうが…。

040619DSCF3972.JPG040904DSCF1905.JPG
アメリカスズカケノキ
(左)2004・06・19
(右)09・04
横浜市青葉区
Copycenter 2004 Akira Kamakura
ノビノビと自然な樹形に育っていていいなぁといつも眺めていたのですがねぇ。なんだか丸裸にされたような風情です。せっかくの立派な樹形だっただけに残念です。

もちろん月日がたてばまたそれなりの樹形を取り戻すだろうことはわかる。しかし、はたして計画的に樹形を作るつもりの剪定をやっているのか?といえば明らかにノーでしょう。そもそもこの樹木の姿を本当に楽しもうとして植えたとは思えない。

今は(金さえかければでしょうが)こうした大木でもアッサリと移植ができる時代です。植えた場所が間違いだったと思ったら移植することも考えてほしい。

飯沼二郎氏と白幡洋三郎氏は対談「日本文化としての公園」の中で、西洋と違ってどうして日本には公園が生活の中に定着しないのだろうかと嘆いています。

Plane50TamagawaDSCF2115.JPG
瀬田教会のスズカケノキ(ここは公園ではないが)
2004・04・20 世田谷区瀬田
Copycenter 2004 Akira Kamakura


私が思うに、今日、日本に定着している公園といえば、それはゴルフ場でしょう。一般の公園でもあのレベルの設計と造成やメンテナンスをやれたらどんなに素晴らしいことか。そこまでの贅沢は言わなくても、お寺や神社の境内は自治体が造る公園よりよほど公園らしいものがある。

これは何を意味しているかと言えば、要するに公園のありようをキチッと指揮する主としての人間がいるかいないかの違いのような気がするのです。ゴルフ場はちゃんと設計家がいるし、それを商業的な資産として価値を高める努力をするマネージャーがいる。もちろんお寺には住職がいて寺のことはすべて仕切っている筈です。

ところが都市計画の中で緑地破壊の言い訳のように造られた公園と来たら、それを我が庭のように慈しむ主が不在なのですよ。おそらく役所の公園課のような部署があって担当者がつぎつぎと通り過ぎて行くだけ。きっとマニュアルにしたがってメンテナンスが「こなされている」のではないのかな?主がいない庭は荒れるに決まっているのですよ。

世の中これほどのガーデニングへの情熱がありながら、自治体が管理する公園がテキトーな存在を続けているのが残念です。公園をきちんとした哲学をもって造形しメンテナンスするのは都市型の公共事業として十分に住民の支持を得られると思うのですがね。

|

« 04・09・04 アリが物語るか?ムベの熟れ頃 | トップページ | 04・09・05 デイジーの想い出 »

コメント

公園は日本の社会で未だ、根ずいていませんね、私もそう思います。市民、パブリックという外来文明はまだまだです。

昔は、神社の杜とお寺の森が公園でしたね、西洋のように早くガリヤの森を失った人々は、公園というものを大事にしたんでしょうね。多分、貴族しか日本の民衆が接していたような、素晴らしい自然の場所はなかったのでは、ないでしょうか。

それより、駅前とか、公園とか、いろんな場所に”銅像”が沢山、芸術作品として日本にはあります。しかし、上野の西郷さんと渋谷のハチ公しか認知されていない。芸術家を育てるという意味では意義はわかりますが、その環境とどういう関係があるんでしょうか?

境港の”ゲゲゲの鬼太郎”の方が面白いと思います。民衆に支持されないものを、”芸術”の名のもとに強制されるのは如何なもんでしょうかね。

お地蔵さんとか、道祖神の方がまだ、よろしいのでは?

投稿: jo | 2004.09.05 14:41

駅前広場なんかの藝術彫刻ってのは、待ち合わせの目印という実用性がありますが、なんか、人が集まる必然性がある場所に後付けで設置することで露出機会を増やそうという下心を感じますね。

作品に自信があるんだったら、誰も来ない場所におっ立てて、人を引きつけて集めてみせて欲しいもんですね。

そういう意味では岡本太郎はエライ。田園都市線で多摩川を渡る時に土手の近くにチラッと見えるあやしいモニュメント。岡本かの子文学碑ですが、あそこでは誰も待ち合わせをしません。

投稿: bee | 2004.09.07 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/1359026

この記事へのトラックバック一覧です: 04・09・04 立派なスズカケノキがこんな姿に…:

« 04・09・04 アリが物語るか?ムベの熟れ頃 | トップページ | 04・09・05 デイジーの想い出 »