« 04・09・11 アベリアの茎の帯化現象"fasciation" | トップページ | 04・09・12 クズのアメリカ帰化物語 »

2004.09.11

04・09・11 アケビとムベと桜のヤニ

スーパーの棚に薄紫色のアケビが並んでいました。まさか!とラベルに目を近づけて確認。商品として流通していることにちょっと驚きました。一つずつラップされたサツマイモほどの大きさの実はまだ割れてはいないようでした。

AkebiDSCF1954.JPGアケビ
2004・09・11 横浜市青葉区
Copycenter 2004 Akira Kamakura

いつのまにかそういう季節なんですね。それでしばらくご無沙汰している國學院大学のアケビを思い出しました。

行って見ると拍子抜け、まだ青い部分が多く、あの薄紫にはほど遠い。そもそも意外に大きくなっていません。このままだと以前我が家でなった実の方がずっと立派だよなと思いました。


NatumeDSCF1951.JPG
2004・09・11 横浜市青葉区
Copycenter 2004 Akira Kamakura


ついでにナツメの実をみてきました。

枝によっては既に赤く熟した実がチラホラと見えますが、多くはまだです。

昔、ホノルルで暮らした時、Date Streetに住んでいたことを思い出す。あれは日付じゃなくてナツメのことだろうな。

さて、隣のムベは先週とあまり変わりがありません。でも、そろそろ一つぐらい試食してもよい頃かなと思い始める私です。
MubeDSCF1919.JPGSakuraDSCF1976.JPG
ムベと桜のヤニ 2004・09・11 横浜市都筑区 Copycenter 2004 Akira Kamakura

桜のヤニは黒くなってベットリと傷口を覆いつくしていました。ヤニの仕事が完成したのでしょう。

|

« 04・09・11 アベリアの茎の帯化現象"fasciation" | トップページ | 04・09・12 クズのアメリカ帰化物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/1413494

この記事へのトラックバック一覧です: 04・09・11 アケビとムベと桜のヤニ:

« 04・09・11 アベリアの茎の帯化現象"fasciation" | トップページ | 04・09・12 クズのアメリカ帰化物語 »