« 04・10・11 少年サンデーNo.35=1959年11月22日号 | トップページ | 04・10・10 地上のキンモクセイ »

2004.10.13

04・10・13 衆議院TVの不可解な公開期間短縮

今日、臨時国会の映像を見ようかと衆議院TVのサイトに久しぶりにアクセスして驚きました。

なんじゃ、これは!?

平成12年1月より公開されていたビデオライブラリの公開期間については、平成16年8月6日、議院運営委員会国会審議テレビ中継に関する小委員会の協議により、原則、公開から1年間となりましたのでご了承下さい。

これは全くご了承できませんぞ。そもそも一言も理由が書かれていない。

この決定をした「議院運営委員会国会審議テレビ中継に関する小委員会」での議論の様子は、ちょっと探した限りは、このサイトで内容を確認することができないようです。どうも密室で決めたような印象。情報公開の流れに逆行する極めていかがわしいニオイがします。

このサイトが素晴らしいのは、ついこの間までは田中眞紀子議員が純ちゃんがスカート踏んだと抗議した委員会の様子だって映像で見ることができたんですよ。このblogからも頭出しリンクを張ったこともありました。情報公開という点でも、また、自分が選んだ国会議員の活動ぶりが確認できるという点でも、なかなか優れたサービスだと感心していたのに、情けない。

一体全体なにがあったのでしょうか?政界再編のための下準備なのだろうか?過去の発言と将来の立場の矛盾を今のうちからうやむやにしておきたいのだろうか?

その後調べると、議事録は検索できましたので以下に抜粋。

ここで会議名として議院運営委員会、開催日として平成16年08月06日を指定するとこの議事録を見ることができます。

本小委員会は平成十六年七月三十日(金曜日)委員会において、設置することに決した。
七月三十日
 本小委員は委員長の指名で、次のとおり選任された。
      小渕 優子君    小坂 憲次君
      小林 興起君    村田 吉隆君
      渡辺 具能君    安住  淳君
      一川 保夫君    藤村  修君
      西  博義君
七月三十日
 村田吉隆君が委員長の指名で、小委員長に選任された。
平成十六年八月六日(金曜日)
    午前十一時二分開議
 出席小委員
   小委員長 村田 吉隆君
      小渕 優子君    小坂 憲次君
      小林 興起君    渡辺 具能君
      安住  淳君    一川 保夫君
      藤村  修君    西  博義君
    …………………………………
   議院運営委員       穀田 恵二君
   庶務部長         齊藤  正君
   庶務部電気施設課課長補佐 増田 隆夫君
   庶務部審議中継情報課課長補佐     倉田 茂君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国会審議テレビ中継に関する件
     ――――◇―――――

○村田小委員長 これより国会審議テレビ中継に関する小委員会を開会いたします。  このたび小委員長に就任いたしました村田吉隆でございます。  皆様方の御協力を賜りまして、公正円滑な運営を行ってまいりたいと存じますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。  国会審議インターネット中継の録画中継、いわゆるビデオライブラリの公開期間につきましては、平成十二年一月十九日の議院運営委員会理事会において取り決めました「国会審議インターネット中継VODシステム運用方針」の6で、公開から一年間は保存・公開することとなっております。  しかし、実際には、記憶装置の大容量化によりまして、平成十二年一月のビデオライブラリ開始以来現在まで、すべてのビデオライブラリを保存・公開しているとのことでございます。  本日は、この保存・公開のあり方について御協議いただきたいと存じます。  また、国会審議テレビ中継関係経費の執行状況につきましては、私の指示により現況を取りまとめさせましたので、齊藤庶務部長から報告をさせたいと思います。よろしくお願いします。
○齊藤参事 おはようございます。庶務部長の齊藤でございます。  ビデオライブラリのことにつきましては、運用方針に基づく取り扱いに反したことに対しまして、小委員長を初め小委員の先生方には大変御迷惑をおかけしましたことをまずもっておわび申し上げます。…

ここで見えるのは、公開期間は「公開から一年間は保存・公開する」ともともと決めていたのに、実際はもっと長期に渡っていたので、一年間でキッチリ期限を切るように運用を改めるという論理らしい、ということだけ。

費用などの質疑が若干あった後に、オフレコの「懇談」モードに入り、懇談終了と同時に散会しており、結局、肝心の議論が見えません。

○村田小委員長 よろしゅうございますか。
 それでは、質問がなければこれから懇談に入ります。
    〔午前十一時十二分懇談に入る〕
    〔午前十一時三十二分懇談を終わる〕
○村田小委員長 これにて懇談を閉じさせていただきます。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時三十三分散会
なんじゃ、こりゃ、ですよね。

|

« 04・10・11 少年サンデーNo.35=1959年11月22日号 | トップページ | 04・10・10 地上のキンモクセイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/1671498

この記事へのトラックバック一覧です: 04・10・13 衆議院TVの不可解な公開期間短縮:

« 04・10・11 少年サンデーNo.35=1959年11月22日号 | トップページ | 04・10・10 地上のキンモクセイ »