« 04・10・23 フェイジョアの実 | トップページ | 04・10・31 ムベは熟したのかな? »

2004.10.24

04・10・24 松尾善雄さんの音楽辞典、故郷に帰る

つい先日、突然、今年の朝日作曲賞受賞者である松尾善雄さんの奥様という方からメールをいただきました。私が6月に書いた「04・06・09 松尾善雄さんの音楽辞典」という記事が松尾さんの学生時代の仲間の方の目にとまり、連絡があったというのです。

奥様によると、あの音楽辞典は松尾さんが病気でお金に困った時に売ったものとのこと。

そうだったのかぁ。なんか苦学生の姿が目に浮かぶなぁ。なんたってあの辞典を阿佐ヶ谷の古本屋で手に入れたのは1970年。四畳半フォークそのままの時代だった。私の友人など井の頭線沿線で三畳一間に下宿していたことを思い出す。

そこで、返信メールで、もしよろしければあの辞典を送ります、いや、朝日作曲賞の私からの私的副賞としてお贈りしますと申し出たところ、携帯メール専門という松尾さんご本人からもご連絡をいただきました。

それによりますと、あの辞典は生涯手許に置いて徹底的に活用するつもりだったからこそ奔放に書き込みをした。ところが、思いがけず病気で一か月ほど働けなくなった。ろくな蓄えもなく、レコードやスコア、本などを泣く泣く売って生活費に当てざるをえなかった、というお話でした。

音楽でやって行くんだと勉強に励んでいた当時の松尾さんの気迫を感じさせるエピソードですが、その勉強ノート同然の辞書を手離さざるを得なかった時はさぞかし悔しい思いをされたことでしょう。これは泣けます。

でも、結果的に、松尾さんはこの辞典なしにその後の人生を歩まれ作曲家として成功されたわけですから、ひょっとしたら手離したことが正解だったのかも知れません。

昨日、早速、あの辞典は宅急便で松尾さんちに向かいました。

DSCF4706.JPGところで、あの音楽辞典を発送する前に、最後の拾い読みをしつつデジカメに収録。そもそもは音楽之友社創立25周年記念事業としての出版だったことを知ります。確かにこの辞典は珍しい資料満載の気合が入った素晴らしい本なのです。山田耕筰の生年は間違っていましたが、そんな枝葉末節はどうでもよろしい。

そして、松尾さんの書き込みを改めて観賞させていただきましたが、三つの書き込みに特に注目しました。

1946DSCF4699.JPGRouDSCF4676.JPGGoodmanDSCF4683.JPG
松尾善雄さんの書き込み 2004・10・24 横浜市都筑区 Copycenter 2004 Akira Kamakura

その1。松尾さんは1946年生まれですが、この書き込みには1946年は「松尾雄の生まれた年」とあります。その2、小倉朗(おぐら・ろう)の項では「まつお・ゆう」とフリガナのように書き込んで、語呂を確かめているフシがある。その3、ベニー・グッドマンの項では"Goodman"に「善男」とまたまたフリガナをつけて、今度は字面を考えているかのよう。

どうも松尾善雄さんはペンネームであって、本名は雄さんなのかなと推理しました。なんだか俄か松尾善雄研究家になってしまいました。
【追記】
その後の連絡によりますと本名が「松尾善雄」なんだそうで、そうするとあの書き込みの「松尾雄」は何を意味するのか、謎が深まりましたね。例えば、当時はまだまだ修行中の身であり、とても「善」を名前に戴くわけにはゆかぬ、といって落としちゃったのかな。

|

« 04・10・23 フェイジョアの実 | トップページ | 04・10・31 ムベは熟したのかな? »

コメント

ごぶさたしております。ごいんきょです。

トラックバックありがとうございました。
辞典は無事松尾氏の手元にお帰りになったのですね。
その後どうなったのか気にはなっていたのですが、
辞典にまつわる秘話を読むと手元に戻って本当に良かったと思います。
すばらしい副賞ですね。

改めてネットのすごさ、blogのつながりを感じました。

投稿: ごいんきょ | 2004.10.26 23:38

突然ですが松尾君の同級生です。未だパソコンを始めて浅い者ですので上手に書けませんが、今後も機会があれば色々と見させてください。

投稿: 原田照 | 2005.05.06 14:29

原田さま、コメントをありがとうございました。アノ楽しい松尾さんの同級生ですか。もしや私の松尾研究記事の存在を松尾さんの奥様に通告された第一発見者の方でしょうか?

どうぞ気楽にお付き合いください。

投稿: bee | 2005.05.07 00:55

初めまして!!第一発見者です。原田さん こんにちは。ゲコですよ!!知らんふりを 決め込んでおりましたが そうもいかなくなりました。
昨年 このブログを発見した時は狂喜乱舞したものです。速攻で松尾氏に連絡したら 奥様が メールしてみるとの事でした。
不思議なご縁で お知り会いの輪が 広がった様で とても嬉しいです。

beeさん いつも覗いてばかりでしたが どうやら同じ年代のようで 他のカテゴリーもとても興味深く拝読させて頂いております。
これを機会に 時々コメントさせて頂きます。どうか宜しくお願い致します。

投稿: geko | 2005.05.08 18:48

gekoさん、ついにご登場ですね。私には見えなかった影のキーパーソン。その節は本当にありがとうございました。

皆さん、なかなか楽しそうなお仲間のようですね。今後ともよろしくお願いします。

投稿: bee | 2005.05.09 00:14

またまた、同級生と愉快な仲間です。いつの間にかトロンボ-ン吹きがユーホ吹きに、今はほら吹きで一流に。此方へ帰ったならラーメンを食べに寄りや!松尾ゆう

投稿: ちぐさ | 2005.05.18 15:57

たまには松尾善雄氏のコメントをごいんきょ様宜しく。

投稿: ちぐさ | 2005.05.20 05:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/1761816

この記事へのトラックバック一覧です: 04・10・24 松尾善雄さんの音楽辞典、故郷に帰る:

» 祝副賞 [ほのぼのメモ書き Ver.2 プラス]
ということで、このblogを作るきっかけとなった 松尾善雄氏の音楽事典がご本人の [続きを読む]

受信: 2004.10.27 00:01

» 05・01・02 非標準音楽辞典「松尾善雄」の項 [またいらないモノ買っちゃったよ]
音楽之友社刊の新訂標準音楽辞典の「ま」の項を見て行くと、「まつうら・とよあき」(松浦豊明)の次は「まつかぜ」(松風)、「マッカートニー,ポール」と続いていまして... [続きを読む]

受信: 2005.01.02 08:26

« 04・10・23 フェイジョアの実 | トップページ | 04・10・31 ムベは熟したのかな? »