« 04・11・21 黄昏ゴルファーが見た黄昏の色々 | トップページ | 04・12・01 万紅葉中緑一点のフウ »

2004.11.28

04・11・27 黄昏ワインと敬老精神

先日の黄昏ゴルフの夜は黄昏ワインを楽しみました。22wineDSCF2701.JPGChateau la Fleur-Petrus 1970とDaoのGrao Vasco 1974。 コルクをそおっと抜いたのですが、どちらも途中で千切れました。残った部分もなんとか落下させることなく取り出せました。コルクの匂いを確かめてからテイスティング。一瞬の緊張と弛緩。やれやれ、腐ってないや。幸いどちらも長い年月を無事に過ごし抜栓の時を迎えたようでした。

シャトー・ラ・フルール・ペトリュス1970年は抜栓して約1時間後だったか、温泉宿の酎ハイ用グラスに注がれて、浴衣をまとったガイジンの戸惑いがあったかも知れません。熟成の香りやまろやかさは確かにあったのですが、それが存分に花開いておらず、まだ硬さが残っていたと感じました。デカンタージュしていれば、もっと楽しめたのかも知れません。

21TasogarewinesDSCF2719.JPG23DSCF2816.JPG
黄昏ワイン 2004・11・20 栃木県寿乃湯 Copycenter 2004 Akira Kamakura

名前がいかにもペトリュスのセカンド・ラベルのような感じですが、正確には地図にあるとおり、ペトリュスとは別のシャトーなんですね。ただし経営者は同じ。価格的にもそもそもお高いそうで、友人はこれをオークションで16000円で落札したとのこと。

もう一本はポルトガルのダンの1974年とこれも古いワイン。ちっとも傷んでいないのでこれも感心。義弟からもらったものなので価格不明、というより、pricelessという領域かな。

黄昏ワインを楽しむにはグラスとデカンタも持参するべきでしょうな。正直なところちょっと勿体なかったという悔いが残りました。幼児虐待もいけないが、敬老精神も忘れちゃいけない。

|

« 04・11・21 黄昏ゴルファーが見た黄昏の色々 | トップページ | 04・12・01 万紅葉中緑一点のフウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/2087712

この記事へのトラックバック一覧です: 04・11・27 黄昏ワインと敬老精神:

» 試飲百景−アイル・クップの古いワイン [Wein, Weib und Gesang]
モーゼル・ザール・ルーバーを始めて尋ねた。目指すは、モーゼルを除いたザールとルーバの両流域であった。トリアー経由の土曜午後の遠足である。当時モーゼルワインには偏... [続きを読む]

受信: 2005.01.23 17:41

« 04・11・21 黄昏ゴルファーが見た黄昏の色々 | トップページ | 04・12・01 万紅葉中緑一点のフウ »