« 04・12・01 万紅葉中緑一点のフウ | トップページ | 04・12・04 もうこれっきりじゃなかったイイギリよ! »

2004.12.04

04・12・04 眼前の熟柿に手を伸ばす

早渕川沿いの畑の端に柿林がありました。持ち主はもう収穫する気がないのですかね。熟し過ぎて色が柿色を超えているものも見えるでしょ。さて、縄文人はこれを採集するか?

 左目で右目で
早渕川沿いの柿林 2004・12・04 横浜市都筑区 Copycenter 2004 Akira Kamakura

あいにく現代俳ビジョン作家を名乗る私としてはこれを立体写真に撮りました。一枚の平面的な写真だと柿林の風景として心穏やかに観賞していられますが、立体視してみると手を伸ばしてもぎ採りたくなりますね。

じつはこれは泥棒よけのフェンスの隙間から撮影したものでして、柿をもぎたくてもできない状況ではありました。ホントですよ。

というわけで桜並木の冬景色に続く2作目の立体写真。景色の中に動く物が入って来ない状況で、近景から遠景まで見通せて、かつ、同じような物が写ると奥行き感がよく出ます。柿の木の葉が残っていたらこうは行かないわけです。

|

« 04・12・01 万紅葉中緑一点のフウ | トップページ | 04・12・04 もうこれっきりじゃなかったイイギリよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/2151586

この記事へのトラックバック一覧です: 04・12・04 眼前の熟柿に手を伸ばす:

« 04・12・01 万紅葉中緑一点のフウ | トップページ | 04・12・04 もうこれっきりじゃなかったイイギリよ! »