« 05・01・09 カベルネ起源アルバニア説の原因はプラヴァッツ・マリか? | トップページ | 05・01・15 偽1万円札事件の深読み遊び »

2005.01.11

05・01・11 まだ届かない年賀状

先日も書きましたが、12月29日に横浜市港北区で投函されたという私宛の年賀状がまだ届きません。

電子メール、すなわちe-mailと対比して、普通郵便、つまりsurface mail(地表を移動して配達するメール)のことを、その遅さを皮肉ってs-mailならぬ"snail"(カタツムリ)と言うことがありますよね。

試みに、というか、イヤミを承知で計算してみますと、毎秒6mmで移動するカタツムリが港北区師岡町の@大棟梁さんちを12月29日に出発して真っ直ぐに都筑区中川の我が家に向かったとすると、13日経過した今日で移動距離は6,739mになりますので、そろそろ到着している計算になるんですよね。

イヤミはさておき、明らかに新年が明けてから投函された年賀状もどんどん届いていますから、@大棟梁さん発の年賀状はもはや単なる遅配ではなくて、何んらかの事故に巻き込まれたのではないかと考えられます。誤配も含めて。

そこで改めて「郵便」という言葉を噛みしめてみようかと、学研の「漢字源」(藤堂明保他編)で「郵」の項を見ると、今日の郵便の意味の他に、三番目の字義として

とが。あやまち。目ざわりなきず。▽尤(ゆう)に当てた用法。
とあるんですね。そういうことだったのか。あ、これもイヤミになってしまった。

|

« 05・01・09 カベルネ起源アルバニア説の原因はプラヴァッツ・マリか? | トップページ | 05・01・15 偽1万円札事件の深読み遊び »

コメント

本当にどこへ行ってしまったのかしら。
実際投函したかどうか疑われますが、私の住所録データにはちゃんと投函記録(厳密に言えばはがき印刷記録)が残っています。
日経ビジネス2005.1.10号によると日本郵政公社の物流システムはパンク状態。ひとえにクロネコ対抗でゆうパックの拡大をはかり、11月からローソンとの提携も図った結果、現場は大混乱。鮮度が問題とならないものは勝手に後回しにするなど、遅配が遅配を生んでる様相。年賀状もこれに輪をかけたんでしょうね。

今にしてみれば、思い当たることが一つ。いつもまとまった賀状は、地域の中央局である港北郵便局に投函しに行っています。今回も車で行ったら、駐車場が混雑。駐車場の入り口にアルバイト風の男が袋を抱えて立っている。窓口、ポストまで行かなくても車の中から投函できる。で車に乗ったままこれに渡しました。
ここで鎌倉さんのが行方不明になった可能性もある。

郵政公社も遅配に気がついて来年回しにした可能性もありますが。

投稿: @大棟梁 | 2005.01.14 17:11

届いた年賀状の住所に返事を書き送ったら、今頃になって宛先不完全でハガキが戻ってきました。
調べてみても正しい住所だし、どうなっているんでしょう? 
大棟梁さんが入れたアルバイトの袋がニセの集配人って事はいくらなんでも無いですよねぇ。 現金書留を入れる訳はないし、お年玉当選狙いとしてはあまりにチンケ。

JO-JO 

投稿: JO-JO | 2005.01.14 23:55

写真をアップした方がいいのかもしれませんが報告。

昨年の12月27日に投函された台湾の知人夫妻から年賀封書がお正月(1月1日)に届きました。年賀状という体裁では内、普通の航空便ですが年賀と赤字で書いてあったからでしょうか、親切なことです。ところが翌日、今度はおなじ台湾から、はがきが届きました。そのはがきはあきらかに印刷ミスで住所を書くべきところに天地が逆になった本文が印刷されています。つまり同じ挨拶文が右半分と左半分に印刷されて(裏面は写真)いるのです。そしてその印刷に重なるように私の住所と、不完全な名前(森田裕)がかいてあります。もちろん切手も貼ってない。こんなの届くのかと差出人に確認すると、『えぇっ、それは書き損じでゴミ箱に捨てたのに、間違って一緒に投函したのかしらん?でも切手貼ってないよ!』というのです。すごい、台湾の郵政省、切手なしでも日本に送っちゃった。すごい、日本の郵政公社、普通なら読めないしまちがっている住所氏名で、切手もないのに追徴しなかった!

                ふうこお

投稿: ふうこお | 2005.01.26 13:35

ふうこおさんのご友人は台湾の要人なんじゃないですか?あるいは高額納税者とか?

ところで@大棟梁さんの年賀状は私以外の人にも届いていないことが判明しています。

彼曰く、郵便局の駐車場で、如何にも郵便物収集用のそれらしい黄色い大きな袋をもった男が回って来て「ここでも投函できますよ」というようなことを言ったので、そこに入れたというのですよ。事件の臭いがしますね。

台湾から投函すりゃよかったんだが。

投稿: bee | 2005.01.27 07:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/2544148

この記事へのトラックバック一覧です: 05・01・11 まだ届かない年賀状:

« 05・01・09 カベルネ起源アルバニア説の原因はプラヴァッツ・マリか? | トップページ | 05・01・15 偽1万円札事件の深読み遊び »