« 05・01・22 網フェンスを呑み込んだ樹 | トップページ | 05・01・29 「オウバイ」と「おもいのまま」 »

2005.01.23

05・01・23 色が冴えない今年のスイバ

昨年は実にあざやかな草紅葉を見せていたスイバが、今年はいつまで待ってもあのような色になってくれません。すでに1月下旬に突入。この先どうなるか?SuibaDSCF3447
スイバの紅葉
2005・01・23 横浜市青葉区
Copycenter 2005 Akira Kamakura


この場所は昨年の夏に徹底した草刈りが行われました。そのこともちょっと残念に思っていました。刈るなともいえませんけどね。

|

« 05・01・22 網フェンスを呑み込んだ樹 | トップページ | 05・01・29 「オウバイ」と「おもいのまま」 »

コメント

はじめまして。
時折、拝見させて頂いております。
草刈り・・・、
機械的にバッサバッサと刈りとっていくことには、
私も疑問を感じています。
たくさんの蝶が吸蜜に訪れていた草っぱらが刈り取られ、
丸坊主になった姿をみたときには唖然としました。
確かに刈るな!とは言えませんけど、
よく考えて刈って下さい!と言はいたいところですね。

投稿: 蝶山 | 2005.01.24 17:07

蝶山さん コメントをありがとうございました。

草刈りといえば、何年も前のことですが、うちの近所で、横浜市が自分で植えた植物(街路樹の根締めなんですがね)を自分で刈り取っていちゃったという、嘆かわしい場面を目撃したことがありました。明らかに草刈りに来た人が植物に関する知識を持ち合わせないことに原因があると思いました。

公共の植栽の「手入れ」のやり方は、まだまだ改善の余地がありますね。蝶山さんの仰るような昆虫の生態にまで気配りをするようになったらどんなに素晴らしいことか。

資格制度を作るのも一つの手かと思います。市街地植栽管理士とか(^^)。リタイヤした人たち向けに趣味と実益と地域貢献が絡み合って面白い制度にできるかも知れません。自治体は有資格者にのみ作業を発注することにするわけです。

投稿: bee | 2005.01.24 22:24

beeさん、こんばんは。
資格制度、面白いアイディアですね。
私、資格はもちろん、知識も経験もありませんけど、蝶が姿をあらわす春先以降、見張り番をしようかと思ってます(笑)。

投稿: 蝶山 | 2005.01.26 01:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/2674833

この記事へのトラックバック一覧です: 05・01・23 色が冴えない今年のスイバ:

« 05・01・22 網フェンスを呑み込んだ樹 | トップページ | 05・01・29 「オウバイ」と「おもいのまま」 »