« 05・02・20 ADSL不調につき光に救いを求める | トップページ | 05・02・27 マンサク語源妄想 »

2005.02.26

05・02・26 光ファイバー開通騒動

1月22日に申し込んだBフレッツのハイパーファミリータイプが本日我が家に接続しました。

工事に来たのは2人。

電話線を引き込むために外壁に開けてある穴を通って光ファイバーは家屋の中に侵入して来ました。そして1階の階段下の小部屋にある電話コンセントのところに顔を出しました。

「コンニチハ」とは言わないけど、黒く細いしなやかな光ケーブルとご対面。フニャフニャした電話線とは違って背すじがピンと伸びたヤツだった。きっと鋭角に折り曲げたりするような手荒い扱いをしちゃあいけない、見るからに育ちのよいお坊っちゃまなのだろうなと感じます。

さて、問題はそこから2階の私の部屋までどうつなぐかですが、1階のコンセントがハブとなって放射状にそれぞれの部屋に配線されているものとばかり思い込んでいた私は、工事に来た茶髪ライオンヘアの若者を目的地である私の部屋の電話コンセントのところに案内して、ここに終端装置を設置したいのだと告げました。

ライオンがコンセントの前にうずくまってしばし作業をします。

「どうも配線のパイプの色が下とは違いますね。下のコンセントに直接つながっているとは考えられませんよ」と言う。

そこで、また1階の原点に戻って、下の1番目のコンセントのところから配線パイプの中を通す探査専用の?太いケーブルをグリグリと押し込んで行きます。ケーブルが動くと配線パイプの波状の内壁を擦るので、壁の中で音がして先端の現在位置がだいたいわかります。

やがて、その音に導かれて意外な場所に2番目の電話コンセントがあったことに気付く。そうそう、テレビの裏だ。あそこにもコンセントを作ったんだと10年以上前のことを思い出す。

で、34インチのトリニトロンの重たくて古いテレビの位置をずらして、探査ケーブルを押し込むと、あっ、いかんな、ちょうど昨晩から泊まりにきている義母の客間の方でゴリゴリ音がする。あそこの本棚の後にも電話コンセントがあったんだっけ。

誤解のないように言っておきますと、私は見ていただけです。作業をやったのはすべてライオン青年とその上司の吉幾三オヤジです。

本棚をどけて、そこから探査ケーブルを突っ込むと、どんどん入って行く。今度は2階の方で音がする。

それは寝室でありました。そこの電話コンセントも本棚の裏。やれやれ、ベッドも押してずらさないと作業ができない。

で、寝室から探査ケーブルを押し込む。今度はどうか?押し込んでいるのに音が聞こえない。ん?ひょっとして3階に行っちゃったのか?と心配になって屋根裏部屋を確認に行くが音はしていない。

すると、2階の方で「オーッ、とうとう来たぞ!」という歓喜の声が!(というのはオーバーですけどね)聞こえました。

これで配線用のビニールパイプが建物の中をどのように通っているかが確認できました。電気的には並列回路のはずですが、意外にも、家中の電話コンセントが一筆書きのようにつながれていたのでした。

後は、再び原点に戻って、今度は光ファイバーを押し込んで行ったというわけです。

BfletsDSCF3496屋内の配線が完了したところで屋外の本線との接続。クレーン車に乗っかって作業をしていました。

そして、並行して、ライオン青年がアタッシュケースからノートブックPCを取り出して光加入者線終端装置と接続を確認。クレーン車のゴンドラの上にいる吉幾三オヤジと携帯電話で連絡を取りながらテストをしています。

大変といやぁ大変な作業でした。2時間半ほど掛かったんじゃないでしょうか。全部で4人がかりでしたが、2人は他の工事が早く終わったので応援に来たような印象でした。今はキャンペーン中なのでこの2人チームで1日に5件ほどの工事をこなしているとのこと。

FTTH(Fiber To The Home)だとかラスト・ワン・マイルだとか大騒ぎした時代はすでに過去へと流れさり、銅線がそのうちゴミになり忘却の彼方に消滅する時が来るのでしょうね。

ただ、写真を見てもこのインフラのvulnerablitiyは明らか。ラスト何十メートルの接続は無線の方が安全という考え方もありますね。

|

« 05・02・20 ADSL不調につき光に救いを求める | トップページ | 05・02・27 マンサク語源妄想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/3089502

この記事へのトラックバック一覧です: 05・02・26 光ファイバー開通騒動:

« 05・02・20 ADSL不調につき光に救いを求める | トップページ | 05・02・27 マンサク語源妄想 »