« 05・04・09 ダン・エッティンガーの明晰な音楽 | トップページ | 05・04・10 場末の伊丹万作全集全3巻 »

2005.04.09

05・04・09 ホール毎のハンディの決め方の思想

「井上誠一のコースデザイン」という本を中古で手に入れて読んでいます。設計家の発想に触れられて興味深く、おまけに、自分のゴルフ教養の欠落をあれこれ発見するはめにもなっています。

ゴルフコースはホール毎にハンディキャップの数字が振られています。

マッチプレーで、というよりいわゆる横で握る時、「ハンディを二つあげよう」と上級者から言われたら、このホールハンディが1と2のホールで1ストロークのハンディを貰えるルールです。

私のこれまでの理解では、ホールのハンディの数字は難易度の順位を表しているものとばかり思っていました。だから、ハンディ二つということは難易度の高い上位二つのホールでハンディを付けることである、と。

golfhdcp
初めてのコースをまわる時は、ホールハンディの数字が小さいホールでは、おや、ここは一見易しそうに見えるが、どこかに落とし穴でもあるのかな?と観察の手がかりにもしていました。

ところが、実感として、難易度とハンディが合っていないと思うことがよくあるのです。「ハンディ1のホールよりこっちの方が難しくないか?」とかね。

この本の説明を読んでその謎が少し解けました。で、そういうことならきっと…と思い、幾つかのコースのハンディの割り振りを確認してみました。左の表がそれですが、驚くほど似ているではありませんか。ハンディ1はだいたい4番か5番、ハンディ2は13番か14番と決まっているかのようです。

この背後には一つの考え方があって、基本はUSGA(全米ゴルフ協会)の勧告にあると、この本に書いてあったのです。

勧告にはいろいろ書いてありますが、以下の点が似たようなハンディ割り振りの原因のようです。

【若い番号のHdcpストロークの重要性】
第一番目のHdcpストロークを振り当てるときは、スクラッチ対Hdcp1、Hdcp10対11、Hdcp29対30等の技量が伯仲しているプレーヤー同志の競技でそのハンディが効いて来るようにする。

(原文)"The first handicap stroke should be allocated so that this stroke is most useful in matches between players of almost equal ability"

番号の若いHdcpストロークは最終ホールの近くには振り当てないこと。Hdcpを受け取ったプレーヤーが勝負の決着が着く前にHdcpが使えるようとの配慮。また、コースの出だしの2ホールには低いHdcpを振り当てないこと。これはサドンデスのプレーオフの事態を想定してのこと。

(原文)"Without substantially deviating from the above principles, allocating low-numbered strokes to holes near the end of each nine should be avoided, so that players receiving strokes will have the opportunity to use these strokes before either nine or 18-hole matches are decided. Lower-numbered strokes should not be allocated to the first and second holes of a course in the event that a hole-by-hole play-off is necessary."

ゴルフを面白くしようという演出の知恵に溢れた勧告ではありませんか。

これを見る限り平均ストロークから見た難易度の順番を厳密に反映することが一番大事だとは言っていないのです。とはいえ、概ね、難易度順位でなければハンディの趣旨に沿わないわけですから、結局、これはコース設計上のガイドラインなんだと読むことができるのです。

おそらくカントリークラブに所属して月例会に参加している方々には常識なんでしょうが、私のような万年ビジターで正規の競技には殆ど参加したことのない者は、何十年もゴルフをやっていながら、こういう思想があると聞かされたことはありませんでした。

|

« 05・04・09 ダン・エッティンガーの明晰な音楽 | トップページ | 05・04・10 場末の伊丹万作全集全3巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/3631459

この記事へのトラックバック一覧です: 05・04・09 ホール毎のハンディの決め方の思想:

« 05・04・09 ダン・エッティンガーの明晰な音楽 | トップページ | 05・04・10 場末の伊丹万作全集全3巻 »