« 05・06・28 溝ノ口「まるや」の閉店 | トップページ | 05・07・03 私も「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」を読んだのだ! »

2005.06.29

05・06・29 小樽の鉄道植物?

6月19日、札幌郊外でゴルフをした後、JRで小樽に移動。海岸に近づくと鉄道沿線の崖をビッシリと被っていたのがこの写真の植物。なんとなく帰化植物くさい。DSCF4236
列車の窓から眺めると、斜面という斜面がこの逞しい植物に覆いつくされていました。急行列車から見る風景が流れる速度に合わせて目線をパッと流しては植物の特徴を見取ろうとするのですが、どうにもわからない。オオブタクサかのようにも見えましたが、でも、葉っぱの形がちがうこともすぐにわかってしまう。

写真をとるには列車が駅で停車するのを待たねばならない。ところが駅に近づくと途端に少なくなる。たぶんこの写真は「小樽築港」駅の近くでたまたま撮ることができたものと思います。

DSCF4290DSCF4292
謎の小樽鉄道植物? 2005・06・19 北海道小樽市 Copycenter 2005 Akira Kamakura
小樽の街に出て、運河の近くでほとんど一株か二株、遠慮がちに生えているのをようやく見つけてデジカメにおさめました。鉄道の沿線ではあれだけ斜面全体を我が物顔に覆いつくしていた植物がまさにしおらしくたたずんでいました。

この植物はなんですかね?

|

« 05・06・28 溝ノ口「まるや」の閉店 | トップページ | 05・07・03 私も「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」を読んだのだ! »

コメント

カレル・チャペックの「園芸家12ヶ月」に、レイルウェイ・フローラ(鉄道植物)という表現がありましたね。あっ、スイマセン!この植物の名前は判りません。

Alex's Gardenのリンク有り難うございます。
市ヶ谷小学校・・あざみ野・・あたりで貴殿とニアミスしているかも・・。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: Alex | 2005.07.05 07:42

Alexさん

コメントをありがとうございました。いや、その前に、無断でリンクをして失礼いたしました。素晴らしいサイトというか、お庭を維持しておられるご様子、かねがね感嘆して拝見しておりました。文字通り「豪華」"Aussie flora"ですね!

私もカレル・チャペックのあの文庫本を持っていたはずなのが見つかりません。(なぜかコンピュータ関連の出版社の編集者から貰ったのです)で、あの植物はオオイタドリだろうと思っています。だとすると残念ながら鉄道植物ではないことになります。

それはともかく、Alexさんは市ヶ谷小学校のご出身でしょうか?そしてあざみ野にお住まいでしょうか?だとしたらまさに奇遇ですね!

こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: bee | 2005.07.05 22:46

市ヶ谷小学校は中退でしたが・・・。

カレル・チャペックはアノ時代に「ロボット」を書いた、スゴい人ですね。コンピューター・サイエンスのハシリかも。

投稿: Alex | 2005.07.06 06:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/4764951

この記事へのトラックバック一覧です: 05・06・29 小樽の鉄道植物?:

» 05・07・03 小樽のウニとイタドリの関係 [またいらないモノ買っちゃったよ]
あれはどうやらイタドリか、あるいは、オオイタドリのようです。帰化植物ではなくもともと台湾・中国・日本の山野に分布していたもの。山菜として食用にされる。 小樽のあたりはイタドリが多いようで、このサイトに... [続きを読む]

受信: 2005.07.03 22:59

« 05・06・28 溝ノ口「まるや」の閉店 | トップページ | 05・07・03 私も「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」を読んだのだ! »