« 05・08・06 「マンホールの博物誌」の出版がもたらしたもの? | トップページ | 05・08・10 ワルナスビと郵政解散 »

2005.08.09

05・08・09 政界のGround Zeroになる?9/11

小泉首相は衆議院を解散しましたね。先日の虫の知らせの解読はあれで良かったんですねぇ。これほどの味わい深い解散を目の当たりにしてblogに何も書かないのはいかがなものか、ということでチョットだけ。

小泉首相側からの論理は、自民党総裁選に始まってその後の総選挙、更には昨年の参院選も含めて、一貫して筋が通っています。政権公約に大きく掲げた目玉法案が国会では廃案になった。「私に政権を信託した国民の皆さんは本当にこのままでよいのか?」と問うのは極めてロジカルな決断だと思います。小泉首相の独裁だという批判も聞こえて来ますが、私には全く逆に、首相は民主主義という制度を健全に運用しているように見えます。有権者の一人として、こういう解散こそ大歓迎です。

今回のゴタゴタは全て自民党内部の争いですが、私としては、もう完全なガラガラポンで政界再編成が起きるのを期待しています。日本の社会の対立軸をうまく反映する構造にしてほしい。多変量解析的にいうと政党は分かりやすい判別関数でなけりゃいけません。国会の論戦は政党間で戦わされるべきであって、同じ政党内の派閥が料亭など「場外」で折衝するのは全くもって不健全であり、これ以上の国会軽視はないでしょう。

そういう意味では野党たる民主党の「本音」を詳しく聴く機会がないまま解散にまで来てしまった感じがあります。解散に持ち込むための方便として法案に反対した議員がいた筈だと私などは勘ぐっているのでゲスが、どうも顔が見えない。

自民と民主の連立はあり得ないわけですから、仮に小泉陣営優勢というような流れになった場合に、じつは賛成派という若手の民主議員の動き方次第で、本当にガラガラポンになる可能性があると思います。

投票日が9月11日、つまり、"nine eleven"になったわけで、まるで演出かと思われるような暦の巡り合わせです。果していかなる意味でのGround zeroが永田町に記録されることになるのか。蛇足ながらGround zero(グラウンド・ゼロ)とは「爆心地」の意味だそうです。とにかく、大爆発なのか、それとも意外に小さな爆発なのかわかりませんが、何かが日本の政治シーンの中から吹っ飛んで永遠に消滅することになるのでしょう。

|

« 05・08・06 「マンホールの博物誌」の出版がもたらしたもの? | トップページ | 05・08・10 ワルナスビと郵政解散 »

コメント

 こんにちは,Alice堂です。
 「私としては、もう完全なガラガラポンで政界再編成が起きるのを期待しています」というのに,全く賛成いたします。今回の解散によって,有意義な何かが起こって欲しいですね。

投稿: Alice堂 | 2005.08.09 19:31

Alice堂さん、いつもどうも。
小泉自民党はいわゆるケツをまくった状態で俎の上に乗る覚悟を決めていますが、その他の勢力は民主党も含めて、問題をはぐらかそうという意図が見え見えですね。小泉さんの「いざ勝負!」という気迫を正面から受け止めていない。

反対に廻った亀井派は次の一手すら決めていなかったようで、一晩で無所属出馬組と新党作るかい?にバラけるとはねぇ。これには呆れました。ま、面白いと言えば面白い、おそらくもう二度と観られない?喜劇でしょう。

投稿: bee | 2005.08.09 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/5372603

この記事へのトラックバック一覧です: 05・08・09 政界のGround Zeroになる?9/11:

» 郵政民営化法案,参院否決 [Alice堂のWEBLOG]
 参院で,郵政民営化法案が否決されました。まあ,「想定の範囲内」ということでしょ [続きを読む]

受信: 2005.08.09 19:28

« 05・08・06 「マンホールの博物誌」の出版がもたらしたもの? | トップページ | 05・08・10 ワルナスビと郵政解散 »