« 05・08・12 巫女キャディ | トップページ | 05・08・15 今度の選挙のお味はどうかな? »

2005.08.14

05・08・14 東京湾花火大会の東京テレポート駅

昨日の8月13日、第18回東京湾大華火祭をお台場のホテル日航東京から見物しました。あいにくデジカメでまともな写真がとれなかったので花火の描写は省略。

花火が光ってからドンの音が聞こえるまで約5秒でしたから会場からの距離は恐らく1700メートルぐらいかなと推定。

時々ひときわ高く上がってから大きく開く花火があって「あれが尺玉じゃないですか?」なんて言っていたのですが、直径45センチメートルの15号球だったようです。それが推定15〜20度ほどの高さに見えた。ということは高度450〜600メートルぐらいだった計算になりますね。できれば花火は高度60度以上の上空に仰ぎ見るのがよろしいですね。迫力が違います。お台場側では無理でしょう。

さて、花火が終わるとあたり一帯の物凄い人出が一斉に駅に向かいます。その混雑をやり過ごすために2時間ほど時間をつぶして(さらに酔っぱらって)も、ゆりかもめは1時間半待ちとの情報。

ちなみに、交通規制が敷かれているため車という選択肢は往きも帰りも始めからありません。

私はりんかい線東京テレポート駅に行きましたが、この写真のようなありさまです。

DSCF4630DSCF4637
東京テレポート駅 2005・08・13 東京都江東区 Copycenter 2005 Akira Kamakura
駅員は地上の入口のシャッターを下ろして一時的に入場制限をしていました。階段を降りる時は将棋倒しの可能性を感じて緊張しました。改札口のフロアーに降りると今度は酸素不足が心配で、実際、わずかながら息苦しさを感じました。

改札付近の混雑が酷かったのは、改札口に向かう流れと、その前にキップを買おうと発券機に並んだ行列が交錯したから。

私は、りんかい線でパスネットが使えることを知らなかったので発券機に並んでしまいました。しかも、キップの行列が余りにも長かったので、後で払い戻しを受ければいいやと思って空いていた専用の発売機でSUICAを買うはめになりました。

改札付近に近づいたら駅員が「パスネットが使えます」とまさに虚しく叫んでいたから、きっと知らない人が多いのでしょうね。

どうも混雑ゾーンの外れから発着する屋形船が正解だったのかも知れませんね。これは来年以降の研究課題。

|

« 05・08・12 巫女キャディ | トップページ | 05・08・15 今度の選挙のお味はどうかな? »

コメント

屋形船は、隅田川の上流等、ちょっと離れた場所から出発する形を取れば、行き帰りともに混雑フリーでおすすめです。ただ、予約は早期に行う必要があります。当方の知人は、来年の分を、既に昨日予約している様でした。

雨が降った場合でも屋根があるので、心強いですよ。

投稿: minami | 2005.08.14 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/5465746

この記事へのトラックバック一覧です: 05・08・14 東京湾花火大会の東京テレポート駅:

« 05・08・12 巫女キャディ | トップページ | 05・08・15 今度の選挙のお味はどうかな? »