« 05・08・14 東京湾花火大会の東京テレポート駅 | トップページ | 05・08・15 「価格破壊の裏に人権コストあり」NBCのDateline »

2005.08.15

05・08・15 今度の選挙のお味はどうかな?

もうすぐ選挙の季節。しかもこれまでとはちょっと違う選挙になりそうではありませんか。

ワンフレーズ総理のワン・イシュー選挙だから、とても分かりやすい。誰もが争点が何であるか、答えられる状況での投票になるとしたら、とても珍しいことだと思う。

ちょっと楽観的かも知れないが、有権者が長年感じて来た政治に期待しない無力感あるいはシニシズムを払拭するターニングポイントになるかも知れない。

なぜならば、郵政民営化法案はすでに第一ラウンドで凄まじい闘いを見せてくれているから、今回の選挙で本当に決着がつくことを信じて投票できるでしょう。小選挙区制における政権公約とはこういうものだという教育効果てきめんの選挙になる可能性がある。小泉陣営が勝っても負けても、である。これは一つの法案の採否以上の価値があるでしょう。

自民党は反対派を公認せず、各選挙区に民営化賛成派の候補を立てるわけで、人物ではなく政権公約で投票できる選挙にするための必要条件を整備しようとしています。その新人候補者を官僚からスカウトして来ているのは、まさに将棋のルールのように、「官」から取り上げた駒を逆に「官」を攻める駒に使い、霞が関に対する政治の支配力を強化する。仮に落選しても霞が関は駒を失い弱体化する。これも構造改革を促進する優れた戦術だと思います。

レストランに入ってテーブルに着いて、メニューを広げただけの段階であんまり期待してもいけませんけどね。

|

« 05・08・14 東京湾花火大会の東京テレポート駅 | トップページ | 05・08・15 「価格破壊の裏に人権コストあり」NBCのDateline »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/5478653

この記事へのトラックバック一覧です: 05・08・15 今度の選挙のお味はどうかな?:

« 05・08・14 東京湾花火大会の東京テレポート駅 | トップページ | 05・08・15 「価格破壊の裏に人権コストあり」NBCのDateline »