« 05・08・21 清水有紀さんのヴァイオリンコンサート | トップページ | 05・09・15 今はもう秋 »

2005.09.12

05・09・12 いい選挙だった

数字的には小泉自民党「圧勝」民主党「惨敗」という選挙に終わったわけだけど、ちょっと違う意味で今回の総選挙には感銘を受けました。ウィリアム・ワイラーではないが、わが生涯最高の選挙かも知れない。なぜそう感じるのか。以下のコメントは順不同。

その1。今回は明らかに小泉さんの問題提起こそが投票率を押し上げた。特に若い人が投票に出かけた。ウチの息子は棄権したらしいが…。投票率の高い選挙はよい選挙と言わざるを得ない。

その2。国民はなんだか長年の政治閉塞感から解放された気分。疑似国民投票でありこれぞ政治だという気分。こんな経験は初めてで教育効果も大きい。

今後の解散のタイミングとイシューの煮詰まり具合の一つのデ・ファクト・スタンダードを作ったのではないか?恐らく若手・中堅の政治家は今回の解散総選挙における状況の追い込み方を今後の政治で一つの手本とするに違いない。

もっとも、今回は対抗側が余りにも戦略戦術的に稚拙だったことが小泉さんにプラスになった感もある。

その3。綿貫さん、いいなと思いました。彼は小泉自民党の郵政「民営化」の被害者になると思い込んでいる層を代弁する顔になりました。

綿貫さんはもともと神主さんとのこと。確かに氏神様がスーツを着ているみたい。政治討論番組などに登場する様子を見ていると、この人なら、これから郵政民営化だけでなく様々な点で日本国内の都市部と農村部との利害の再調整を進めるにあたって、攻め入る資本の論理を前にして、訥々と反論する農村側を代表する老紳士として適任だと感じました。

政界はまだまだ流動的だと思いますが、田中角栄に始まった都市と農村の間の社会主義的な富の移転をテーマとして来た政治家は今でも沢山いるはずで、その皆さんは綿貫さんの下に結集したらいかがでしょうか。大地のムネオさんもそうでしょう。

その4。ちょっと早いかも知れませんが民主党の役割は早くも終わったかな、と感じます。都市型の政党はどうも小泉さんに横取りされてしまった感じ。もとよりポスト産業資本主義時代に民主党の基盤である労働組合ではもう勝てない。一方で都会からの同情票とか望郷票も集められるような農村基盤の政党はどうも綿貫さんが適任に見える。そうすると民主党の演じる役割が残らない。ということは民主党は分裂しかない。

その5。公明党や共産党という存在はとにかく味わい深い。争いを好まない和をもって貴しとなす日本では穏健な中道路線が無難であることは間違いないでしょう。たまたま現在は政党に宗教色や元イデオロギー色がつくからいま一つ弾けないわけだが、もしも、そうした色や臭いを抜き取ることができたら、これぞメジャー日本党になるのになぁ、惜しいなと感じます。

その6。この雪崩的な議席数の変化。確かに小泉与党は圧勝したけれど、あくまでも小選挙区制度が得票差を誇張して議席数に反映する効果のなせるワザ。勝った側も次回は劇的な転落を遂げるかも知れない。要するに安泰な政権は無いということ。だからこそ政権側に緊張が生まれる。勝利後の自民党武部幹事長や小泉総理の意外にこわばった表情が印象的。これは国民にとってとてもよいことだと思います。小選挙区制の劇薬性とでもいいますか、そういう点を政治家も国民も学習したということ。こういう制度を活かすメリハリの効いた政治を、同時に節度をもって実行してもらわないといけないということでしょう。

|

« 05・08・21 清水有紀さんのヴァイオリンコンサート | トップページ | 05・09・15 今はもう秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/5918765

この記事へのトラックバック一覧です: 05・09・12 いい選挙だった:

« 05・08・21 清水有紀さんのヴァイオリンコンサート | トップページ | 05・09・15 今はもう秋 »