« 05・09・24 ゴルフの練習術 | トップページ | 05・09・25 Podcastと私 »

2005.09.25

05・09・25 「秋姫プラム」はフルーツヒルズの結晶か?

大きな完熟の「秋姫プラム」を食べました。

DSCF4886DSCF4892
秋姫プラム 2005・09・25 横浜市都筑区 Copycenter 2005 Akira Kamakura
甘みと酸味のバランスがとてもいい。しかも果肉がタップリとあって種子の部分が小さい。そうとうな欲張りが食べても満足感があるでしょう。もう種子にへばり付いた果肉まで削ぎ落として食べる必要はありません。口の中でとろけるような果肉はちょっと熟し過ぎだったかもしれません。それにしても名品だと思いました。確か三つで580円だった?売り場の表示には山形産と書いてあったけど、パッケージには何も書いてなかった。

さて、こんな作品をいったい誰が作ったのかとgoogleしてみましたが、簡単にはヒットしません。

そのかわり、エッ!とセレンディピティ発見したのが「大石プラム」のこと。スーパーの棚でよく見掛けるこのプラムの名前を、私はてっきり地名だと思っていました。真相は人名。福島県の大石俊雄さんの「大石」で、プラムの品種改良で大きな功績のあった方とある。

マイケル・ポーターが指摘した競争力の一つの形態に産業クラスターがありますが、福島や山形あたりはにシリコンバレーならぬフルーツヒルズとでもいうべきクラスターが形成され機能しているんだろうなと、秋姫を頬張りながら想像させられました。とても偶然の産物とは思われない。

|

« 05・09・24 ゴルフの練習術 | トップページ | 05・09・25 Podcastと私 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/6107671

この記事へのトラックバック一覧です: 05・09・25 「秋姫プラム」はフルーツヒルズの結晶か?:

« 05・09・24 ゴルフの練習術 | トップページ | 05・09・25 Podcastと私 »