« 05・11・23 べートーベンと1978年の大雪 | トップページ | 05・12・05 モーリス・ラヴェルとJazz »

2005.11.26

05・11・26 ロマネ・コンティの"Fine Bourgogne"の過去

DSCF5281ラベルをみると1997年11月18日に瓶詰めしたらしいから、私が買ったあの秋の日はたぶん98年か99年だったのでしょう。

6〜7年経過していよいよ三分の一以下に減っています。ちょっとさびしい。

三軒茶屋のとあるレストランでそれとも知らず飲んで、味わいの軽やかさに驚嘆した。そこで初めてDRCの"Fine Bourgogne"(フィーヌ・ブルゴーニュ)だと教えられました。仕上げの一杯として「何か面白いものを」と大胆に注文したら出てきたもの。その日は講演の帰りで、もらった講師謝礼が懐をあっためていたのである。しかし、この一杯で足が出ました。

それから暫くして、渋谷西武百貨店地下ワイン売り場のワイン・アドバイザーのお兄さんに相談したら、これはなかなか手に入らないもので、最近一本取り扱った記憶があるが、今度いつ入荷するかちょっと分からない。レストランでもソムリエの隠し球のようなもので、普通メニューには載せないものであるとのこと。価格は一本7万円ぐらいだった。

DSCF5269まずこの値段である。700mlなので1ミリ・リットルが100円。ということは香りを吸い込んだだけで50円ぐらい、「ちょっとだけ」と言ってグラスに注ぐとたちまち2000円から3000円になるという計算だ。しかし、ガブガブ飲むわけじゃなし、チビチビと何年間も楽しむことができるから実は高くはないと言い張ることも可能である。

で、一本注文を入れました。いつになるか分からないので「入手できたらFAXします」とのこと。何ヶ月も先になることも覚悟して店を出ました。

それから数日後に、我が家のFAXに入荷のメッセージが届いたものでした。

ワインもブランデーもスコッチも、過去が瓶の中に詰まっている。昨晩、久しぶりに"Fine Bourgogne"を飲んで、また思い出を新たにしたというわけでした。

|

« 05・11・23 べートーベンと1978年の大雪 | トップページ | 05・12・05 モーリス・ラヴェルとJazz »

コメント

 とある方のお宅で"あるお酒"を飲ませていただいたことがあります。一口飲み、グラスを持ったままお庭を拝見し、再びリビングに戻って来ると、減っていないグラスを見た主人が「それ、飲んであげようか」と言うので「うん」と言って渡しました。
 帰宅して数日後、"あのお酒"がロマネ・コンティだったことを知りました。もう一口飲んでおけばよかった。1ミリ・リットル100円の味も、50円の香りも、何も憶えていません。
 猫に小判ですね。

投稿: コヤンイ | 2005.11.28 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/7322319

この記事へのトラックバック一覧です: 05・11・26 ロマネ・コンティの"Fine Bourgogne"の過去:

» ロマネコンティを扱う店のワインは? [読むと役立つ日記]
ロマネコンティ[1985]が売っていた株式会社虎屋リカー通販店ですが、ロマネコンティ[1985]みたいな超高級品ばかり売っているわけではありませんプラザ・マヨール テンプラリーニョ[2004]などは548円(税込575円)送料別で売っていました(ただし10/11現在は在庫切れです)カ...... [続きを読む]

受信: 2005.11.28 02:01

« 05・11・23 べートーベンと1978年の大雪 | トップページ | 05・12・05 モーリス・ラヴェルとJazz »