« 05・12・11 柿の絶品は地元産だった | トップページ | 05・12・16 憧れを歌う二人の音楽家 »

2005.12.11

05・12・11 Ridge Monte Belloの垂直ワイン会

先日のとあるワイン会。カリフォルニアはRidgeのカベルネ、Santa Cruz Mountains Monte Belloの1982年、84年、85年、88年、90年、91年、そして95年の7本がメイン。このボトルの整列は壮観。おそらくもう二度とこんなチャンスに恵まれることはない?二度目があっちゃいけないという訳ではないけど。

MonteBellos
Ridge Santa Cruz Mountains Monte Bello 82,84,85,88,90,91 and 95 vertical tasting
2005・12・07 東京都千代田区 Copycenter 2005 Akira Kamakura

一番若い95年でも10年前。でも感覚的にはついこの間。飲んでみると、このワインにとってもついこの間だったみたいだった。まだ十分に若い。かすかにミンティな感じがあって、ボルドー好みは顔をしかめるだろうなと友人の顔を思い浮かべる。これはカリフォルニアのカベルネと付き合えるかどうかの一つのリトマス試験紙のようなものと感じた。

91年になると熟成香がツーンとパワフルに立ち上って来る。口に含んでも充実感がある。これは好き。

問題は88年。先に主催者から「これが失敗作なんですよね」と解説があったけど、私の狭い経験でも、あっ、ランシュ・バージュ(Lynch-Bages)だという感じ。とてもカリフォルニア・ワインとは思えない。そういう意味での「失敗」。

この特徴的な香りを「ポイヤック(Pauillac)香」(臭かな?)というのだそうです。一種の雑菌が原因で生まれるもので、いわばポイヤックのワインがかかる風土病みたいなもんだということが最近解明されたんだそうです。

私はもともとこの香りに、ブドウがちょっと熟し過ぎて皮が破れて茶色くドロッと腐りかけたイメージを持っていたので、病気という説明は納得できる。ちなみにこのちょっと濁った不良の匂いは私の好み。清く貧しく美しくという価値観では行き着けない世界を感じる。

82年にはわずかながらポイヤック香があったかも知れません。何か形あるものが溶けて崩れ始めたような感じ。23年前のMote Belloはまだ生きているのだけど、一般に凄いワインが持つ、会った瞬間に恐れ入りましたという堂々たる感じは、なかった。

84年85年は言葉で明確に言うべき突出した特徴が記憶に残っていないのは、たぶん、バランスのとれた素晴らしいワインだったからでしょう。

ふと思いついて、10年前に買ったカリフォルニア・ワインの分厚い本を開いてみました。著者はJames Laube。Wine Spectator誌から出ているもので、100点満点の評点がついています。Monte Belloは、82年(75点)、84年(88点)、85年(95点)、88年(82点)、90年(92点)、91年(93点)、95年はまだ出ていなかったから評点無しでした。82年は収穫時期に雨に見舞われたと書いてありました。

最近、80歳を過ぎたマイク・グルギッチ(Mike Grgich)がGrapeRadio.comで訥々とワインはバランスなんだよと強調していたのが耳に残っています。タンニンだ酸だアルコールだ果実味だ何だかんだが突出するのはダメだねと。改めてそういうもんかなと聴きました。考えてみると例えば光の三原色から純白を作るのは難しいだろう。ゴルフだってストレート・ボールが一番難しいからフェードだドローだということになる。

ワイン飲みもこうしてケレン味を求めない大人になって行くのか。

ちなみに、1976年のパリにおける歴史的なブラインド・テイスティングでフランス人の審査員自身もびっくりした結果はこうでした。そのシャルドネ部門1位のシャトー・モンテレナのワインを作ったのがマイク・グルギッチでした。またMonte Belloはカベルネ部門の5位だったんですね。"Judgement of Paris"by George Taberより引用

シャルドネ部門
1. Chateau Montelena 1973(カリフォルニア)
2. Meursault Charmes 1973
3. Chalone 1974(カリフォルニア)
4. Spring Mountain 1973(カリフォルニア)
5. Beaune Clos des Mouches 1973
6. Freemark Abbey 1972(カリフォルニア)
7. Batard-Montrachet 1973
8. Puligny-Montrachet 1972
9. Veedercrest 1972(カリフォルニア)
10. David Bruce 1973(カリフォルニア)

カベルネ部門
1. Stag's Leap Wine Cellars 1973(カリフォルニア)
2. Ch. Mouton Rothschild 1970
3. Ch. Montrose 1970
4. Ch. Haut-Brion 1970
5. Ridge Monte Bello 1971(カリフォルニア)
6. Ch. Leoville-Las-Cases 1971
7. Heitz Martha's Vinerayd 1970(カリフォルニア)
8. Clos Du Val 1972(カリフォルニア)
9. Mayacamas 1971(カリフォルニア)
10. Freemark Abbey 1969(カリフォルニア)

【追記】ここにもMonte Bello垂直をやった人たちがいた。

|

« 05・12・11 柿の絶品は地元産だった | トップページ | 05・12・16 憧れを歌う二人の音楽家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/7569290

この記事へのトラックバック一覧です: 05・12・11 Ridge Monte Belloの垂直ワイン会:

« 05・12・11 柿の絶品は地元産だった | トップページ | 05・12・16 憧れを歌う二人の音楽家 »