« 06・01・30 カリンニコフの交響曲第1番ト短調 | トップページ | 06・02・05 霜柱の虫瞰立体写真 »

2006.01.31

06・01・31 ショスタコーヴィッチ「森の歌」

東京フィルの定期でカリンニコフの交響曲第1番の後に演奏されたオラトリオ。

なじみのレストランに入っていつものおまかせコースを頼んで、いつもの調子でホイと口に含んだ途端に、おいおい、シェフが変わったんじゃないのかい?ほんとうにショスタコーヴィッチなの?と聞きたくなるような、そんな体験。

いつもの皮肉なスパイスはどうした?あの嬉しいのか悲しいのかどっちだかわからないような味付けは何処いった?!ムンクの叫び声のような身体を捩りたくなるような歪んだフォルムはいつ矯正したのか?!

この不自然に健全過ぎる音楽が今日ここに辛うじて残っているのは当日の指揮者であるフェドセーエフの尽力が大きかったという。改めてこの指揮者に対する敬意を深める。

東京フィルハーモニーでショスタコーヴィッチがかかる時は、同じロシアの革命前の作曲家の作品とペアにされることが多い。今回はカリンニコフだったが、先日はチャイコフスキーだった。

いつも思うのは、芸術家としてこれ以上考えられない「不幸」を体験したように思われているショスタコーヴィッチが、もしも革命前に生まれて活躍できていたらどんな音楽を創造していたのだろうか。また、逆にチャイコフスキーがショスタコーヴィッチの立場にあったらどうだったのか…。

考えても仕方ないのだけど、ショスタコーヴィッチという希有の才能が時代の制約で不完全燃焼に終わったのではないかと、ついつい考えてしまうのだろう。しかしまた、制約こそが創造の母だった可能性も否定できない。

彼の作品を純音楽的に受け止めることができるようになるまでには、まだ何十年もの歳月が必要なのかも知れないな。フェドセーエフは、いずれそういう時が来るさ、と言っているわけだ。

東京フィルの1月19日のオペラシティ定期はじつに感慨深い演奏会だった。

|

« 06・01・30 カリンニコフの交響曲第1番ト短調 | トップページ | 06・02・05 霜柱の虫瞰立体写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/8441815

この記事へのトラックバック一覧です: 06・01・31 ショスタコーヴィッチ「森の歌」:

« 06・01・30 カリンニコフの交響曲第1番ト短調 | トップページ | 06・02・05 霜柱の虫瞰立体写真 »