« 06・04・01 あざみ野の春 | トップページ | 06・04・30 アカスジキンカメムシ »

2006.04.05

06・04・05 「猫に九生あり」="A cat has nine lives."

そもそもは猫を高いところからほっぽり投げて、これじゃもう助からないだろうと思っていると、どっこい「ニャオ」と何事もなかったかのごとく戻って来るしぶとさを言っているらしい。

もちろん我が家の猫をそんな恐ろしい目にあわせたりはしないが、最近、この諺を実感させられている。まだ事態は進行形なのだが。

うちの雌猫は約18歳である。その割りにはいつまでも元気だと思っていたが、数ヶ月前のこと、急に後ろ足の運びがぎこちなくなった。足を引きずるようにしている。はてさて、いよいよ脳梗塞でも発症したのかと注意していると、それからほどなくして急に元気が萎えて、とうとう部屋の隅に力なく横たわるようになった。

DSCF6208もう疲れ果てたという様子で横になり、腹がふくらんだりへこんだりすることだけが、かろうじてまだ息をしている証拠という感じだった。それもしばらくジッと凝視しないと呼吸が確認できないほどにまでなった。

それまでになると水も飲まないしエサも食べないから、病気はともかく、絶食が原因で本当にくたばってしまうだろう。助かるものも助からなくなる。

そこで、せめて水を飲ませてみるかと思い、スプーンの水をぐったり寝ている猫の口元に近づけて見た。何度かやるうちに舌がペロペロと動きだして水を啜るようにはなった。しかし、あまり長くは続かない。

やはり駄目か。きっと脳のあちこちに脳梗塞が起きて、基本的な反射機構が壊れ始めているのだろう。

考えてみる、カリカリと乾いた味気ない猫エサばかりしかやらなかった。このまま旅立たせるのは気の毒だ。最後ぐらいウマイものを食べさせてやりたいと思った。

台所を漁ると、人間様用のシーチキンの缶詰があった。そう、猫が元気だったころは、この臭いを嗅ぎつけると食卓に飛び乗って来たものだった。これを最後の晩餐にしてやるかと、白っぽいかけらを小皿に取り分けて、猫の臨終の枕元に駆けつけた。それが正直な気持ちだった。

シーチキンのかけらを口元に近づけると猫はピクリと反応した。舌がペロペロと舐める動きをして私の掌から少し食べた。だんだん食欲が戻って来ている。そこで小皿にまとまった量をのせると、これも食べた。

その翌日だったか翌々日だったか、二階の部屋で猫はヨロヨロと立ち上がった。やがて、階段を何かがドタドタと転げ落ちる音がした。猫は一階の廊下をフラフラと歩いていた。

さらに数日後、猫は、足どりこそぎこちなく頼りなくなったものの、一階と二階を階段で行き来し、夜はベッドに飛び乗って来るまでになった。で、飼い主は猫に頬ずりをして健康の回復を喜んだ。

と、ここまでが猫の九生分の二生である。

その後、猫のエサはカリカリに戻った。が、何週間かたってまた寝込んだ。主はまたシーチキンを食わせた。猫はまた蘇えった。

これで九生分の三生。

DSCF6205やがてまた寝込んだ。今度はちょっと様子が違って口に水を近づけても反応がない。これは駄目だ、いよいよだと思った。

これだけ弱っていると最後の晩餐はシーチキンというわけにも行かない。で、ふと、牛乳を飲ませることを思いついた。やってみるとこれは飲んだ。

そして猫は蘇えり九生分の四生に入った。

今のところ、足腰がふらついてはいるものの、すっかり元気である。階段も自力で昇り降りする。ただ、風貌が老猫風に変化してきたことは否めない。
【追記】

2006年4月14日未明 メロディーは静かに永眠した。

Dscf6359
二日前の12日の朝、タイルのヒンヤリした感じが気持ちいいのか、珍しく玄関の床にうずくまっていた。
おや?と思ったものだ。翌13日にはすっかり衰弱して、布団に横たわっていた。

今度こそ助からないかもとの予感はあったが、奇跡的に五回目の生を取り戻すかも知れないとも期待した。

それもかなわず、14日の朝、冷たくなっていた。

|

« 06・04・01 あざみ野の春 | トップページ | 06・04・30 アカスジキンカメムシ »

コメント

昨年は内閣支持率データを提供していただきありがとうございました。ごあいさつが遅れましたが、卒論は教授にもそれなりに評価していただき、無事単位を取得することができました。それはさておき・・・。
同じようにネコを飼っている者として、4月5日のブログを読ませていただいたときに、ネコも高齢になるといろいろあるんだな、でも元気になって良かったなと思っていた矢先、本日追記を拝見し、とても残念でなりません。ペットと言えども家族の一員。お気持ちお察しいたします。
我が家のニャン子は14歳。まだまだ元気ではありますが、いつか来るその日のために心の準備をしておこうと思っています。勝手な書き込み失礼しました。

投稿: 進藤です | 2006.05.08 00:18

進藤さん、コメントをありがとうございました。そしてその節はドウモ。

ニャン子さんの長命をお祈りしています。ブルーバックス「猫のなるほど不思議学」(この本は凄い!)によりますと日本記録は36歳半だそうですよ。

投稿: bee | 2006.05.08 07:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/9450082

この記事へのトラックバック一覧です: 06・04・05 「猫に九生あり」="A cat has nine lives.":

« 06・04・01 あざみ野の春 | トップページ | 06・04・30 アカスジキンカメムシ »