« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.04

06・04・23 桜の劇場空間・高遠

DSCF6488書くのが遅くなったが、4月23日、高遠城址公園のコヒカンザクラは満開だった。

園内にはタコ焼き、お好み焼き、等々の出店が並び、人々はゴザを広げて車座になって酒を飲み、まさに絵に描いたようなお花見風景が展開されていた。ただし静かでお行儀がよろしい。


桜は確かに城址公園に密集しているが、高遠が桜の名所と言われるのは、それだけが理由ではないと思う。

DSCF6466DSCF6493

ここは高遠湖という人造湖を中心として周囲になだらかな斜面が広がっている。その一つの高台にある勝間の薬師堂に立つと、湖を挟んで城址公園を遠く望むことができる。その風景のいたるところに薄く濃く見える桜が、あたり一帯を一つの連続した劇場空間としてつなげているように感じられるのだ。これぞ高遠だと思い至った。

左の写真は勝間薬師堂から城址公園方面を見たもの。右はその逆である。

続きを読む "06・04・23 桜の劇場空間・高遠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06・05・04 エサキモンキツノカメムシ

背中にハート型のマークを持つツノカメムシで「江崎紋黄角亀虫」というらしい。これは漢字を見ないと名前のイメージがわかない。
DSCF6618この個体は言われてみればハート型に見えるかも?という感じだ。先日のアカスジキンカメムシに続いてのことで、今年は美形のカメムシの当たり年である。

そういえば、昆虫採集をする少年たちの姿も見掛けなくなったような気がする。珍しい虫に立ち止まってそっとデジカメを構えるのも老人ばかりかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06・05・04 モッコウバラ満開に

我が家のモッコウバラはゴールデンウィークに満開になってくれた。去年は早すぎたが今年はこちらの希望にそってくれた。

DSCF6600DSCF6602

立ち止まって眺めるのは老人ばかりで、近所の中学に通う少女たちはお喋りに夢中で花なんかには目もくれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.01

06・04・30 アカスジキンカメムシ

DSCF6544近所のハナニラが咲いているかなと様子をうかがいに行ったらこんな虫を見つけた。特に昆虫採集に熱心だったことがない私にとって初めて見る珍しい虫。そのまま身に付けても様になりそうな宝飾品のようなデザインである。

深く複雑な紫色に金粉をまぶした金属的な光沢が高貴な印象を与える。白い唇を大きく広げた口のような模様は原始的アートにも見えるし現代的工芸の技にも見える。自然がアートするというと形容矛盾になるのだが…。

DSCF6535ハナニラの花よりも小さな虫にここまで凝ったデザインを与える必要がどこにあるのだろうかと、ついつい考えてしまう。「与える」と書くと創造主を想定したインテリジェント・デザイン派に与することになってしまうのがくやしい。

種も仕掛けもあるマジックを超能力だと勘違いするのがインテリジェント・デザイン派である。逆に超能力かと思われるような超常現象だって種も仕掛けもあると考えるのが進化論派だろう。

DSCF6533カメムシの仲間だろうとは思ったが、ひょっとしたら珍しい虫かも知れないので、特徴が判るように何枚もデジカメに撮った。

あとで調べたら、と言ってもネットで検索しただけだが「アカスジキンカメムシ」の幼虫だった。成虫になると赤いスジがでる。Googleすると11,800件もヒットするので、けっこうあり触れた存在だと理解する。きっと昆虫少年の間では常識なんだろう。

外来の虫というわけでもなさそうなので、古来より日本列島に住みついていたものと考えてしまっていいのかな?だとすると、これほどデザインの面白い虫が、万葉時代から今日まで、歌に詠まれずにいるものだろうか?探してみたい気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »