« 06・06・11 中国標準Excelのフリガナ機能に翻弄される | トップページ | 06・06・16 文部科学大臣賞作品が盗作だったらどうする? »

2006.06.14

06・06・14 さすがの岩城宏之さんも力尽きたか…

「指揮者」岩城宏之氏が病気で亡くなったとのこと。人間である以上、誰にもその人なりの寿命はあり、岩城氏もある意味、十分にその生命を燃やし尽くしたようにも見える。それでも残念でならない。私にとって氏は黛敏郎など日本の作曲家の作品を積極的にプログラムに採り上げてくれる貴重な存在だったから。

今年の東京フィルのニューイヤーコンサートは故・武満徹の娘さんである武満真樹の司会、岩城の指揮だった。私にとってはあれが最後の岩城コンサートとなってしまった。

去年も一昨年も、ベートーベンの交響曲全曲ぶっ通しの演奏会をやったりして意外にお元気だとの印象もあったけど、演奏会で見ると、舞台の袖から指揮台にヨロヨロと辿り着く姿がなんとも頼りなく、やっぱり具合悪いのかなとも思ったものだった。

岩城宏之といえば、現代音楽の初演だろう。私も学生時代に、N響で矢代秋雄のピアノ協奏曲の初演を聴いたような記憶がある。その後まもなく購入したLPは岩城の指揮するN響と中村紘子のピアノだったことは間違いないのだが、ライブで聴いた方は森正指揮だったような気もして、今となってはよくわからない。

吉岡さんのblog経由で知った読売の記事には

2002年に日本芸術院賞を受けた時には、「伝統を破壊しようとして創造に向かわなければ、芸術は先に進まない」と話した。
とある。腑に落ちる言葉だ。

芸術に限らず、第一印象でおおいに違和感があって、抵抗があって、時に嫌悪感もあったものが、何度も接するうちに、やがてシックリと心に馴染んで来るプロセスほど面白いことはない。音楽ならば聴き手の側にも創造的なプロセスが起きたということになる。違和感がなけりゃこの世は退屈だ。

おそらく今や誰も違和感を感じないベルリオーズの音楽など、とても200年近い昔の音楽とは思えず、19世紀後半あたりか?と錯覚することがよくある。おそらく初演当時は違和感が強かったはずだ。ベートーベンも然り。ジャンルも時代も異なるが岡本太郎、美空ひばりも然りである。

だから、創造者の本当の支援者とは誰なのか?と言えば、誰の耳にも心地よいプログラムで聴衆のご機嫌を伺って音楽の大衆化に努める人ではなく、むしろ、耳に馴染まない作品を「聴いて損はないからね」とプログラムにもぐり込ませるわがままな指揮者に違いないのだ。

数年前に東京フィル・岩城指揮で聴いた黛の「涅槃」は実に美しいと感じたものだった。二階の客席に配置された管楽器奏者たちを背中と肘で指揮する岩城の姿が今も記憶に残っている。

存命中に世間的評価を受けるような「芸術家」は二流以下のような気がする。創造行為の宿命だと思う。岩城氏は現代の創造的な作曲家にとって得難い存在だったに違いない。

|

« 06・06・11 中国標準Excelのフリガナ機能に翻弄される | トップページ | 06・06・16 文部科学大臣賞作品が盗作だったらどうする? »

コメント

岩城指揮で聴いた黛の「涅槃」-

良かったですね。とても大切な体験だと思います。岩城さんの録音は将来とも最も貴重な記録でしょう。

投稿: pfaelzerwein | 2006.06.15 03:00

何と!「アサリ」でイメージ検索したら、このブログを見つけました。

始めまして。
充実した内容に、びっくりしました。
僕のブログの「Blog list」に加えさせていただきます。

投稿: IKEDA Satoru | 2006.06.17 00:41

pfaelzerweinさん、そして、IKEDA Satoruさん、コメントをありがとうございました。

IKEDAさんは「アサリ」でイメージ検索でしたか。確かにgoogleすると上位に出ますね。アサリのご縁。今後ともよろしくお願いします。

投稿: bee | 2006.06.17 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/10528782

この記事へのトラックバック一覧です: 06・06・14 さすがの岩城宏之さんも力尽きたか…:

« 06・06・11 中国標準Excelのフリガナ機能に翻弄される | トップページ | 06・06・16 文部科学大臣賞作品が盗作だったらどうする? »