« 06・07・29 村治奏一のギターは端正で品がある | トップページ | 06・08・29 チェリモイヤ?いや、マグノリア? »

2006.08.28

06・08・28 Jose Ramirez(ホセ・ラミレス) SPモデル

マドリッドのマヨール広場の近くにあるホセ・ラミレスの店でギターを買って来た。

DSCF8910鍵のかかったガラスケースの中にSPモデルが2本展示してあった。表面板の材質が白っぽいスプルースと赤みがかったシーダーと二種類。どう違うのかと尋ねると、シーダーの方がよりロマンティンクで、スプルースはより強い音がでるという。別の店で試奏したスプルースのギターは乾いて弾けるような音質の印象があったので、ためらうことなくシーダーの試奏を希望した。

SPとはセミ・プロのことだという。プロが使っているいわゆるラミレスとは違うし、量産品のステューデント・モデルとも異なる。しかしハンドメイドである。音楽を趣味とするだけの私がプロモデルを買うのは楽器に対しても職人に対しても失礼になる。正直なところ、セミ・プロフェッショナルという名前にもちょっとこそばゆい感じがあるのだけど、年の功も加算して自己承認した。

DSCF8875一週間のスペイン旅行代金のほぼ一人分に匹敵する値段だったが、試し弾きをしてみてほとんど迷いは無かった。

学生時代からの憧れの楽器だった。当時は自分が使っていた楽器の約30倍の値段で、まさに高嶺の花だった。ただし、ラミレスと言ったって色々あるということを知らなかったし、そもそも、触ったこともないこの楽器の楽器としての魅力を語る資格もなかったと思う。

実際に弾いてみて思うのは、音のスケールが大きい感じがするのだ。真面目に音楽に取り組んでごまかしのない演奏をしなさいよ、と背中を押された感じがすること。これが一番重要な点だ。

スペインのギターは弾きにくいという迷信のような話が頭に入っていたが、それは幸い感じなかった。ネックも肉厚ではない。

DSCF8855DSCF8851というわけなのだが、帰国してまずやったのは、胴体の中の写真を撮ること。マーチンとどう違うのかを確認したかった。丁寧に作られていることが一目瞭然だった。

余談。ラミレスのショップでトイレを借りるためにカウンターの中から裏手へと案内された。そこには博物館入りしそうなヴィンテージ物が並んでいた。ラミレスのブレーシングは私の上の写真で見るかぎりトーレスのパターンだが、そのトーレスの古い物があった。その他もいろいろ。写真撮影のために貸し出しされているものもあるとのこと。

はてさて、私は「またいらないモノ買っちゃった」のかどうか。ひとえに練習する時間がとれるかどうかに掛かっている。

|

« 06・07・29 村治奏一のギターは端正で品がある | トップページ | 06・08・29 チェリモイヤ?いや、マグノリア? »

コメント

ラミレスのおじさんは、『シダーはロマンティック、スプルースはハード』といいましたが、僕のスプルースは柔らかくはないと思うけれど、ヴォリューム感のある音を出しています。うちの『中出』『田村』(ともに1966)が、残念ながらとても薄っぺらく聞こえる。まだ延べ2時間も弾いていないのだけれど、もうこの楽器以外は弾けない。ネックの厚みは最適と思うけれど、若干弦高が高目か。弦はハードテンションなので、ローテンションに変えてみればちょうど良いかも知れない。あと100時間も弾けばもっと素晴らしい音になると期待しています。我が家の次男には、『遺産にしてやるから、それまでは触るな』と申し渡しました。こんなのも見つけました。↓
http://www.12fret.com/new/ramirezSPpage.html

投稿: @大棟梁 | 2006.08.29 14:36

同じスプルースでもラミレスのはConde Hermanosとかなり違ってしっとりしていましたね。

正直なところ、Hermanosは弦を弾いた瞬間に、音を作っているひまもないうちに、暴れ馬のように前に飛び出して行ってしまう感じでした。ということは相当な腕前のギタリストでないと弾きこなせないのだろうと感じました。

テデスコの曲なんかはスプルースの音に合っているかも知れない。

これまでの楽器をどうするか。私の場合はマーチンは従来通りお気楽に歌伴などをする時に使うことになるでしょう。ラミレスは大真面目に楽曲を演奏する時に限定する…かな。

しかし改めてマーチンの良さも再認識しています。音に芯があるのにメロウであるという、いわばアルデンテに仕上がっている。音量だけが足りない。

投稿: bee | 2006.08.29 20:39

はじめまして。
小山といいます。
私もラミレスにはあこがれを感じております。
山下和人さんの演奏を聴くと、彼がラミレスから離れないのが理解できる気がします。
先日、通販で、展示品の125estudioを、心配でしたが安く手に入れました。音にばらつきがあり欠点も耳につきますが、弾きやすく良く鳴りそうで、気に入りました。
本物がやはり欲しくなりました。
スペインでラミレスを購入されたとのこと、どのように日本まで持ってこられたのか教えてください。手荷物で機内に持ち込むのは無理だと思うのですが。
スペインで買えばかなり安く手に入りそうなので、私もいつか旅行をかねて、買い出しに出かけてみたいと考えています。

投稿: 小山康雄 | 2009.07.07 07:08

ラミレスファンの小山さま

私も友人も機内持込でした。特別なアレンジをお願いしたわけでもなく、ごく当たり前のように対応してくれました。しかし3年前のことですから、今はどうなのかわかりません。事前に航空会社に問い合わせされることをお勧めします。

私のラミレスSPモデル、かなり馴染んで来ました。弾かなくなったマーチンがへそを曲げているのではないかとちょっと心配になっています。

投稿: bee | 2009.07.08 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/11657284

この記事へのトラックバック一覧です: 06・08・28 Jose Ramirez(ホセ・ラミレス) SPモデル:

« 06・07・29 村治奏一のギターは端正で品がある | トップページ | 06・08・29 チェリモイヤ?いや、マグノリア? »