« 06・08・28 Jose Ramirez(ホセ・ラミレス) SPモデル | トップページ | 06・09・01 Pedro Ximenez(ペドロ・ヒメス)の甘いシェリー(dulce) »

2006.08.29

06・08・29 チェリモイヤ?いや、マグノリア?

セヴィージャと気取らずに素直にセビリアと書くが、そこのアルカサルの中に入った途端にチェリモイヤ、または、カスタード・アップルの濃厚な南国果実の香りが襲って来た。いや、確かにここは南国だ。直射日光は殺人的に強いし気温も高い。

DSCF7972昔、オーストラリアの海辺の町、マンリーだったかの果物屋で熟しきったカスタード・アップルを一つ買って、蜜のような果汁で手をベトベトにしながら食べた記憶がある。瞬時にその匂いと名前がよみがえったのだった。

あの時、果実は見たが、どんな木に成るものなのかは知らないままだ。

匂いに集中しつつあたりをキョロキョロすると、どうもこの写真の木があやしい。

DSCF7987しかしこの実は似ていると言えば似ているが、ちょっと違う。これは泰山木じゃないか?とも思う。同じ庭には巨木もあり、ますます泰山木くさい。でも、匂いはこの木のあたりに濃く漂っている気がする。

首を傾げたままグラナダへと移動した。

DSCF8056アルハンブラ宮殿の敷地内にあるパラドールの塀の中に一歩足を踏み入れた瞬間、ここにも濃厚な匂いが漂っていた。庭の中を動き回って芳香の来る方向を探った。やはりそこには同じ木があった。手の届く高さの実を引き寄せて鼻を近づけたが、なぜかあまり強くは匂わない。しかも実は意外に硬くて、これが崩れそうに柔らかいチェリモイヤになるだろうか?と疑問に思わざるをえなかった。

結局、全てが判然としないまま帰国した。

調べると、アンダルシアにチェリモイヤがあることは確からしい。だが樹木は最高でも8m程度にしかならないらしい。だとするとあの巨木は当てはまらない。

アンチョビの小骨が喉に引っ掛かったままというか、アルハンブラ宮殿からの出口を見失った謎が堂々巡りしているというか、この部分に限りスペイン・ツアーはまだ終わっていないのだった。

|

« 06・08・28 Jose Ramirez(ホセ・ラミレス) SPモデル | トップページ | 06・09・01 Pedro Ximenez(ペドロ・ヒメス)の甘いシェリー(dulce) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/11674513

この記事へのトラックバック一覧です: 06・08・29 チェリモイヤ?いや、マグノリア?:

« 06・08・28 Jose Ramirez(ホセ・ラミレス) SPモデル | トップページ | 06・09・01 Pedro Ximenez(ペドロ・ヒメス)の甘いシェリー(dulce) »