« 06・12・14 Zinfandel Primitivo?ハァー? | トップページ | 06・12・16 スポーツ報道とイジメ「元素」 »

2006.12.16

06・12・15 バンカー・アート

DSCF9517ズボンの後ろの右のポッケにゃスコアカード、左のポッケにゃデジタルカメラ、というのが私のゴルフ姿。

球がつかまったと思われるフェアウェイのバンカーに行ってみると、カラスの足跡がクッキリと残っている。そもそもバンカーの砂が見事にならされたままなので、誰だか知らないがサッと思い切りのよいストロークで砂を掃いたレーキ(rake)の跡もいい感じだ。冬の午後の陽射しは既に低く、砂の粒まで微妙な陰影を作っている。

プロのカメラマンがゴルフ場を撮影する時、朝とか夕方とか、横からの陽射しによる陰影が濃い時に仕事をすると聞いたことがある。プロ選手もコースのデコボコやグリーンの微妙なアンジュレーション(undulation)を研究したい時はわざわざ陽射しが傾く時間帯にラウンドするとも聞く。

せっかくの構図を土足?で踏み荒らす前にとデジカメに記録したのだが、ショットの結果の記憶が消えている。この写真のことはハッキリ覚えているのに。

砂につかまったのは不運だけど、天然芸術を鑑賞できて、ちょっと得した気分になる(というのは負け惜しみか?)。12月3日、千葉のLa Vistaでのこと。

|

« 06・12・14 Zinfandel Primitivo?ハァー? | トップページ | 06・12・16 スポーツ報道とイジメ「元素」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/13082860

この記事へのトラックバック一覧です: 06・12・15 バンカー・アート:

« 06・12・14 Zinfandel Primitivo?ハァー? | トップページ | 06・12・16 スポーツ報道とイジメ「元素」 »