« 06・12・19 鴨のギャラリーを従えてゴルフ | トップページ | 07・01・02 キャディーバッグの修理 »

2006.12.24

06・12・23 GGGパエリャ・パーティ

スペイン旅行の時に同行者の一人がパエリャの素?を買ってきたので(って、真夏の話だが)、友人邸宅での恒例のクリスマス・パーティのメインディッシュはパエリヤとなった。ゼネコン系調理人が長年愛用する入魂のパエリヤ鍋も含めて材料は米からムール貝アサリまでほとんど日本産も多数。白ワインは輸入品ではないか?と思うところだが、なんとこれが勝沼醸造の甲州種の名品「アルガブランカ ピッパ 2003」を贅沢に使用した。スペインの味に優るとも劣らない出来だと感じたけど、パエリヤも日本人向きの味があるのかもしれない。

DSCF9683DSCF9695x
DSCF9680DSCF9681

おつまみ類もスペインにちなんで作った。一皿はイベリコ豚のハモン。薄くスライスして一枚ずつ透明なシートに挟んで売られているものを買って来たのだけど、それを千切れないようにきれいに剥がすのに一苦労。盛りつけをするのにえらい手間がかかり、手が油でベトベトになってしまった。そこにケッパー・ベリーとオリーブで色を添える、というか、これは高価で美味いハムにばかり手が伸びるのを阻止する迷彩でもある。

もう一つは「スペインの印象」と題するチーズ盛り合わせスタッフト・オリーブ添えの一皿。20ヶ月熟成パルミジャーノを不規則に割って盛ったのは砂漠のようなスペインの乾燥した大地である。ブリーのチーズはアンダルシアの白壁。赤や黄色のピーマンは強烈な陽射し。そしてアンチョビ詰めのオリーブはスペインの大地を覆いつくすオリーブそのものだ。

お酢も基本的にはシェリー・ビネガーを使用。サラダ・ドレッシングのベースにした。ズワイ蟹もこれで食してみたが、ワインに合わせるのには妥当な選択だったと思う。

みんなが持ち寄った肝心のワインだけは不思議なことにリオハは一本のみ。参加者が事前に申し合わせたわけではないのに、珍しく泡とデザートワインが充実した品揃えとなった。目玉は主催者提供のシャトー・パルメ1981年だった。あれ?85年だったかな?上品にバランスがとれた素晴らしいワインだった。

クリスマス・ケーキは何年か前にこのパーティにデビューする時にサンタクロースの衣装をまとって来られたあるお茶目なご婦人のこだわりの制作によるもの。このファミリーからフツーのものは絶対に出てこない。

GGGとはGuitar, Gourmet, and Golfであり、Gが三つでジーサンでもある。今年は何とか三つのGをそれぞれに充実させることができた。

|

« 06・12・19 鴨のギャラリーを従えてゴルフ | トップページ | 07・01・02 キャディーバッグの修理 »

コメント

写真のパエリヤは1st ver. ですね。パプリカの量が少なく、ピーマンを入れ忘れ、オーブンに鍋を入れてから放り込んだため焦げています。2nd ver.の方が彩りが綺麗だったはず。素材は、パエリヤの元ではなく、魚のスープストックをマドリッドで購入。あとは成城石井ですが、ムール貝はアルゼンチン産、アサリもちょっと前ならば、北朝鮮産だったはずですが、多分国産(値段から推定)、ピーマン、パプリカも輸入品かも。米だけは魚沼産コシヒカリでしたが。
 

投稿: @大棟梁 | 2006.12.26 08:46

材料についてのご指摘に沿って一部訂正しておきました。
確かに2ndバージョンの方がそもそも美味かったんですが、ウッカリ写真を撮るのを忘れていました。だいたいがワインの証拠写真を忘れているくらいですから、よほど飲み食いの方に夢中だったんでしょう。ひとごとみたいですが。
これに懲りずにまたパエリャを作ってください。

投稿: bee | 2006.12.26 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/13183744

この記事へのトラックバック一覧です: 06・12・23 GGGパエリャ・パーティ:

« 06・12・19 鴨のギャラリーを従えてゴルフ | トップページ | 07・01・02 キャディーバッグの修理 »