« 07・01・18 松尾善雄・作曲「ナジム・アラビー」 | トップページ | 07・02・05 靴のDIY修理はネジ式でいいのだ »

2007.01.25

07・01・23 メシアン「トゥランガリラ交響曲」東京フィル

メシアンの「トゥランガリラ交響曲」。東京フィル定期のこの演目は私が一年前から待ちに待ったもの。日フィル定期に通っている友人まで誘って、サントリーホールに聴きに行った。

休憩無しの80分の演奏に心地よく浸りつつも、なぜこの「現代音楽」がかくも心地よい音楽体験をもたらすのかと考えざるをえなかった。いや、これはおかしな問題提起かも知れないけど、音楽ってMusicであって、Museをamuseするモノでしょ(だよね?)。なのに、世の中amuseとはほど遠い「作品」が多すぎる。その中にあってトゥランガリラだけは突出してamuseしている。これ以前のいかなる音楽作品もなし得なかった類の独特の音楽マジックを実現していると思う。

音楽をひっそりと楽しむ一人の人間として、20世紀の作曲家で誰に御礼を言いたいかと言えば、私はまずメシアンなのだ。

「トゥランガリラ交響曲」は、ほぼ40年前に小沢征爾指揮のレコードで聴いて、はまって以来、さまざまな未知の現代音楽を聴く場合に、この作品を一つの基準として心の中で反芻していたと思う。

今回の演奏を聴いていて、この音楽は「森林浴」ではないかと思いついて、やや落ち着いて来た。それも熱帯雨林の生物多様性に満ち満ちた森林での森林浴。

最終楽章の最後の最後のオケ全奏での長~いフォルテ記号を10個ぐらい重ねたような大音響がある。普通の音楽なら作曲家の肥大化したエゴの咆哮に聞こえたりするものだが、この音楽に限って、全く違うものに聞こえる。長く長く引っ張ると、やれやれいつまで鳴らしてるんだろうと、不自然な間を感じさせる作品もあるものだが、トゥランガリラの最後は、もっといつまでも鳴らしてくれ、という気持ちになるから不思議だ。

|

« 07・01・18 松尾善雄・作曲「ナジム・アラビー」 | トップページ | 07・02・05 靴のDIY修理はネジ式でいいのだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/13648099

この記事へのトラックバック一覧です: 07・01・23 メシアン「トゥランガリラ交響曲」東京フィル:

« 07・01・18 松尾善雄・作曲「ナジム・アラビー」 | トップページ | 07・02・05 靴のDIY修理はネジ式でいいのだ »