« 07・01・23 メシアン「トゥランガリラ交響曲」東京フィル | トップページ | 07・02・13 ブロッケン現象に遭遇 »

2007.02.05

07・02・05 靴のDIY修理はネジ式でいいのだ

DSCF0566靴の両脇にくちが開いて来たのでずっと困っていた。それを自分で修理してみたというわけだ。

DSCF0581靴職人ならばソールを剥がして糸で縫い直すのだろう。専用の工具も材料もないシロウトには無理だ。ホームセンターの売り場を彷徨うこと30分。出した結論がネジ式だった。

DSCF0569見た目の出来ばえには不満が残る。しかしくちは閉じたのだから、これでいいのだ、ということにしておく。

もちろん、ここに至る前に、あるデパートの靴売り場で相談はしてみた。

店員は「仮に開いたくちをふさぐ修理をしたとしても、その結果、本体の革は強く引っ張られるようになるので裂けてしまうでしょうねぇ」と言った。つまり、修理不能。思いがけない答えだった。

プロの職人はそういう見方をするのかと感心するものの、こっちはシロウトだから納得できない。あと少し履き続けたいだけなのに、完璧な修復を前提にされると、話しがかみ合わないのだ。

DSCF0583TAKEO KIKUCHIの靴はデザインもフィット感も、最初はちょっと取っ付きにくい感じがあるのだが、不思議と足になじんで来るのが面白い。何年も私の体重に押しつぶされて、見た目はかなり疲れている。工業製品というよりはどこか作品ぽいところがあって、「まさか捨てたりしないだろうね」と無言の主張をしている…かのように感じたということだな。

|

« 07・01・23 メシアン「トゥランガリラ交響曲」東京フィル | トップページ | 07・02・13 ブロッケン現象に遭遇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/13794776

この記事へのトラックバック一覧です: 07・02・05 靴のDIY修理はネジ式でいいのだ:

« 07・01・23 メシアン「トゥランガリラ交響曲」東京フィル | トップページ | 07・02・13 ブロッケン現象に遭遇 »