« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.19

07・07・19ビール業界によるビール業界のためのビール戦争

今朝の日経産業新聞に第3のビールの新製品の比較評価が載っていた。アサヒの「極旨」、キリンの「良質素材」(無印良品みたいだ)、サントリーの「金麦」、サッポロの「ダブルドライ」。

今に始まったことではないが、ビールやビールもどきのこうした「新商品」が次々と出て来る。当然のことながら、その煽りを食って、かつての新商品は姿を消して行くことになる。目先を変え続けないといけないメーカー側の理由があるのだろう。

しかし、飲む側からすると困ったことである。

その一。殆どの「新商品」はわざわざ新商品と名乗るほどの新奇性を備えてはいないこと。一番変わったのは缶のデザインだけじゃないか。

その二。仮にその「新商品」を気に入ったとしても、どうせそのうち棚から消えて行くんだろ、と思わざるをえない。だから本心からのファンになってはいけない。下手に惚れると後で喪失感に苛まれるだけだ。

同じアルコールでも、ワインや日本酒にはここまでの刹那主義?はないだろう。ワイナリーにしても造り酒屋にしても、普通は固定的なファンを育てようと思うのではないか。何故ビールだけが違うのか不思議だ、いや不思議じゃない。ビールだけは「企業戦士」が作っているからだろう。

その三。やれA社とK社の出荷量が何ケースでどっちがトップシェアだ何だと新聞やテレビが騒ぎすぎ。出荷量が多いのがいい酒だなんてことはない。どうもこの馬鹿馬鹿しい接戦に美味しいビールを飲みたいだけの単純にして善良な消費者が巻き込まれて迷惑を被っているのではないか?という気がしてならない。

安心して長年のファンになることのできるビールだけを「新商品」として出して来てほしいものだと思う。当然そんなものはおいそれとできるわけはない。ちょっと目先を変えて新商品だなどと言ってほしくない。

今日の昼食で入ったレストランは、夜はワインバーをやっている。カンウターに座って棚に並んだグラス類を眺めていると、見慣れたフクロウの絵付きのグラスがある。ウェイトレスに尋ねると、この店は「常陸野ネストビール」を置いていることが判った。こういうビールは「ビール企業戦士」の戦場と化したコンビニやスーパーには姿を見せないのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.07.07

07・07・07 御殿場木琴独奏会

太平洋クラブ御殿場コースの10番ホールのティーの後ろからの富士山の眺め。

DSCF1992

6月16日の日曜日、梅雨入りの発表があった直後、ウソのように恵まれた快晴。湿度も低くてカラッとしている。

こういう時は晴れた青空を見上げるだけで気分がよい。梅雨なのについているよなぁと思う。そこに、こうして富士山がクッキリと見えると、ある種のパーフェクト感が生まれる。たった今の充足感である。

この日はINからスタートしたのでOUTは昼食の後になった。初めて1番ホールのティーショットを大きく引っかけて左側の林に奥深く打ち込んだ。

林の中から眺めるとビッシリと立つ杉の木々の間に、幅は狭いが一直線の廊下のように開けた空間が何ヶ所か見えるものだ。本来は一番幅の広い廊下を選択するべきなのだが、どうしても目はグリーンに近い方向に行ってしまう。そこを通すのは確率的に極めて低い。それは判っているのだが、ついつい起死回生の思いで打ちたくなる。あなたは甘い誘惑に勝てますか?これが林というトラブルの本質だろう。

2打目、キンコンカンコン、3打目、キンコンカン、4打目、キンコンだったかな。木琴の独演会になってしまった。

支持率が下がってからの安倍内閣を見ていると、林の中でのトラブルショットが続いているなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »