« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.21

07・08・21 やっぱりヒマだった

渋谷方面行きの田園都市線は梶が谷駅の前で短いトンネルを二つくぐる。

ある朝、窓の外の流れる風景をぼんやりと眺めていた。ほとんどが住宅であるが、その短い切れ目に一瞬パッと赤い畑が見えた。けばけばしい赤い茎と破れ傘のような葉の植物が畑一面を覆いつくしている、と思った。直後に電車はトンネルに入った。

あれはヒマかな?とまず思った。以前、近所の空き地で高さ20cmにも満たない小さいヒマを見たことがあり、あれが大きくなるとあんな具合になるのではないか?と想像したのだ。

商業的な栽培にしては中途半端な面積だ。それにヒマである。昔からヒマな人は油を売ることになっているとはいえ、そもそも今日、ひまし油を採る植物に商品性があるのだろうか?

そんなギモンを抱えたまま2ヶ月近い時間がたった。

話は変わって、昨日、友人が手伝っている緑の風という知的障害者就労支援事業所を見学させていただいた。そこで赤いオクラを初めて見た。実の色と大きさに驚かされたが、その実を付けた植物を見た瞬間に、これがアレだと直感した。赤オクラならちょっと珍しい商業作物として高く売れるに違いない。(ここでは緑のオクラも大型だった。)

DSCF2332DSCF2299

今日は私の夏休み最終日。この宿題を片づけてしまうことにした。梶が谷の現地調査である。

DSCF2328ヒマだった。意外にも私の第一印象の方が的中していたのだった。

まことにヒマな話しだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.06

07・08・06 軽井沢の低気圧

富岡-軽井沢気圧変化
富岡市から軽井沢に車で移動する約90分の間の気圧変化を記録したもの。

じつは、先日、タモリ倶楽部の番組に刺激されて久しぶりにいらないモノを買ってしまった。それは「おんどとり」という気温・湿度・気圧の記録計。単体で8000サンプル記録できて結果をUSB接続でPCに取り込める。

寝室で時に寝苦しいことがあるのは何故か?ワインを保管しているスペースの温度・湿度は大丈夫か?ゴルフ場の駐車場に放置した車のトランクの温度はどんなぐあいか?いろいろ知りたいことがある。

先日の軽井沢行きの時にカバンの中に放り込んでおいたのだが、データを取り出してみると上のようなグラフになったというわけだ。軽井沢(太平洋クラブ)は標高約1300m。気圧は865hPaぐらいと測定された。言ってみればとんでもない低気圧である。

気圧が下がり湿度が上がる時に関節痛がおきると聞いたことがある。だとすると気圧が低くて湿度が高い軽井沢は避暑地としては結構だが関節痛持ちにとっては地獄なのだろうか?私自身はさいわいそういう持病はないので全く実感はないのだが。みんな我慢しているのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »