« 2007年8月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.09.17

07・09・17 1947年産老ワインに敬意を表したかったが…

DSCF23901947年のChateau Margauxだとして友人のパーティで出されたワイン。ネットオークションで手に入れたという。

なぜかラベルのヴィンテージの部分だけがくり抜かれている。写真には写っていないがキャップシールも頭の部分だけを残して腰巻き部分とでも言うべき部分が奇妙に切り取られている。つまりヴィンテージの客観的証拠はない。

一言で言って怪しい。

しかし、ワインは現物勝負だ。いかなる能書きや血統書があろうがなかろうが、飲んでこそ評価されるべきものだ。

と、私が言った言葉をこのワインはどんな気持ちで聞いたことやら。ますます恥じ入ってしまったかもしれない。

ということで、残念ながら、そこには古く黄昏たかつてワインと呼ばれていたらしい液体が入っていただけだった。譬えていうなら美輪明宏には今もなお丸山明宏の面影がある。このあいだの参院選でチラッと見た若尾文子は間違いなく若尾文子だった。しかしこのマルゴーには何もない。

悪くなったワインにはいくらでも言い訳ができるだろうから、飲んだだけで断定するつもりはないが、一つの可能性として、この世界にヴィンテージ偽装があるのではないかという疑念が立ち上って来た。

DSCF2392ちなみに1947年のChateau Haut-Brion(シャトー・オーブリオン)も大差なかった。こちらはラベルに1947の数字が残っているのだが。

さて、Hugh Johnsonはなんと言っているか?私が持っている一番古いPocket Wine Bookは1992年版で、それによると、シャトー・オブリオンは1961年が黒太字表記で最も古い。シャトー・マルゴーも1961年が黒太字表記で最も古い。太字は飲み頃であることを意味する。

2000年版になると、黒太字表記はシャトー・オーブリオンが1959年、マルゴーが1953年にまで遡る。これは2006年版でも維持されている。ただしマルゴーは緑太字になっており2005年に急いで飲みなさいという指定。細かいことを言わせてもらえば、以前の版で細字にもなっていなかった年が突然太字で登場するのは違和感がある。

ところが2008年版になると、オーブリオンは一気に1975年に、マルゴーは1982年になってしまう。古いヴィンテージが太字表記から消滅するのだ。2007年版は買い忘れたので持っていないが、2007年→2008年の間に急に古いヴィンテージに見切りをつける判断があったのだろう。団塊世代の定年みたいなものか。

1947年の二つのワインが仮に本物であったとしても、ワインとしての魅力が維持できていたかどうか、極めて怪しいことは確かだろう。

そもそもこういう黄昏ワインを凄いぞ凄いぞ!と期待して飲むのは基本的に見当違いであって、ジイサン(いや、ボルドーは女王だからバアサンか)まだ生きているかな~ァ、と、そっと襖をあけて寝床に近寄って寝息をうかがうのが実情に近い。で、運が良ければガバッと起き上がって、凄い元気じゃない!ということになる。

敬老の日に老ワインの話。以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.16

07・09・15 スイカ+シャンパン=まさかの○○!?

DSCF2406西瓜の頭の方をスパッと切り取って、中の身をくり抜く。サイコロに刻んで元に戻す。そこに、シャンパンを注ぎ込む。

これが今晩のとあるパーティのデザートだった。

スイカは熟しているとは言い難いかすかな青臭さを残していた。これがシャンパンに香りをつけたのだろう。身はおいておいて汁だけをスプーンですくって口に含むと、全く想像だにしない香りが立ち上って来た。

エッ?!なんでこんな香りなの?という意外性があったが、同時に、これは知っている香りだという確信。でも何の香りなのか、なかなか言葉にならない。

ウームとうなることしばし。じつはこの探索の時間が楽しいのだ。絶対に的を射た言葉を探して出してみせるぞ、という勝負だ。

やがて私の脳は思いがけない回答を拾って来た。

ホヤだ。海鞘ですよ。海のトマト。莫久来の材料。

何でスイカとシャンパンの組み合わせがホヤになるのだろうか?念のため隣に座っていた私が一目を置く鼻効きオヤジ氏に意見を求めた。「言いたいことはわかる」と、いつもの表現だが、明らかに同意してくれていた。

私としてはこれは大発見。

P.S. シャンパンは実際はスペインのCAVAを使ったことをお断りしておく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.12

07・09・12 下肢深部静脈弁不全症

DSCF2386今朝撮影した私の下肢の静脈の映像。足に造影剤を点滴しつつのレントゲン撮影である。

脚の筋肉の収縮などのポンプ効果で静脈血が重力に逆らいつつ心臓に向かって戻って行くためには静脈血管内部の弁が逆流を防止してくれないといけない。弁の働きが悪いと血はだらしなく下の方に落ちて行く。その結果脚がむくんだり、表皮の毛細血管に血が溜まって熱く炎症を起こす。これが下肢深部静脈弁不全症の症状だと血管外科の専門医は言う。

私の右足にはその典型的な症状が出ている、ということだった。

ダメになったのは右足の太股の内部の静脈の弁である。症状は膝から下に出ていた。脚の表面の炎症とむくみ。これはてっきり肉離れを起こしたふくらはぎの下あたりに何か原因があるに違いないとにらんでいたのだが、意外にもずっと上の股関節付近だった。

7月中旬頃に強い炎症とむくみがくるぶし付近に現れた時、これはひょっとして14歳の時に1年間闘った骨髄炎の再発かと心配になり、急いで医者に行き、血液検査をしてもらった。整形外科医の診断も私と同じ意見で、再発の疑いが濃いということで抗生物質による治療が始まった。

その後、炎症は次第に治まりはしたし、むくみも引いては来た。しかしなかなか完全にはスッキリしない。しかも一日の朝と晩でむくみも炎症も相当変化する。どうも別の原因もありそうだと感じた。

悶々としつつ、Googleで色々検索すると下肢深部静脈弁不全症が引っ掛かって来た。症状がよく似ている。そこで血管外科の専門医を尋ねて検査をしてもらったというわけだ。

静脈弁の不全を完全に治すのは難しいらしい。取り敢えずは脚を治療用のストッキングで締め上げて静脈に外側から圧力を掛けて、鬱血を阻止するのが常套手段だという。脚の筋肉の動きでポンプ効果を積極的に使うのも良いという。

つまり脚の具合が悪いからといって安静にしていては逆効果であって、むしろ、どんどん歩くのが良いのだそうだ。

従って、これからまたゴルフの回数を増やさなければならない、というのが医師公認の結論となったのである。

やれやれ、これでスポーツの秋をなんとか前向きの気分で迎えることができたというお話。

安倍総理の辞任で政治の秋も大騒ぎだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.09

07・09・09 ヘビの木登り

DSCF2376太平洋クラブ御殿場コースの3番ホールのグリーン近くの杉の木。茶色いヘビが登って行く。ゴルフ場でヘビを見ることは年に一回あるかないかだが、木登りをするヘビは初めてだ。同伴プレーヤがおいおいと騒ぐので私もデジカメを持って駆けつけた。

同伴プレーヤ氏は田舎育ちで子供の頃はヘビを飼っていたとのこと。ゴルフの最中に近くにヘビを見つけた途端に童心がよみがえり追い立てたらこうなったらしい。ヘビの自発的な行為ではなさそうである。

しかし、実に慣れた?動作でスルスルとしなやかに登って行くものである。プレーを忘れて皆で暫く見とれていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07・09・09 台風9号我が家を直撃の証拠!?

DSCF23679月7日の未明、偶然に目を覚ました。時計をみると3時過ぎである。深夜ラジオをつけると台風9号は午前2時頃に小田原に上陸したと報じていた。

ふと思いついて「おんどとり」の表示をみると気圧は971.6 hPa。中心付近の気圧は965hPaぐらいと言っていたと思うので、ひょっとして台風の中心が通過していたのかも知れない。

Typhoon#9あとで記憶装置のデータをダウンロードして気圧変化を時間軸にそってプロットしてみたのがこのグラフ。下り坂をズンと落ちたら今度は急激に上り坂になっている。いかにも渦巻きの中心が通過したように見える。約30分間に渡って970hPaを下回るデータが記録されている。

いらないモノだった筈の「おんどとり」君、想定外の大活躍である(と、思いたがっている私)。

DSCF2382今日、太平洋クラブの御殿場コースの杉林で、まさに根こそぎ倒された樹を見つけた。あらためて台風の威力を実感。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.04

07・09・04 ブルーチーズからカビを取り除いてどうすんの?

スキンヘッドの農水相が就任まもなく辞任となったわけだが、どうも追い込んだ側がビョーキではないかと感じられてならない。

先日、新閣僚に聞くとかいうテレビ中継を録画で見た。明らかに直前まで官僚のブリーフィングを受けて、それが頭から消えないうちに初会見に臨んだと思しき人もいたが、遠藤氏は自分の考えを自分の言葉で述べていたように感じた。

たぶんそのことは会場にいた記者にも伝わったようで、他の多くの新任大臣にはまず政治資金に関する金太郎飴の質問をぶつけたのに比べて、この人にはちゃんと管掌の農政に関する質問を投げたのだった。

農水大臣だけはやりたくなかったという発言がこの時のものだったかどうかは忘れたが、利益誘導を企む人なら、まさかそんな核心に触れるような饅頭怖い的発言をする筈がない。

いや、もちろんメディアの意図は再チャレンジで立ち上がろうとする安倍内閣に対して早いうちに致命傷を見舞うことにあることは解る。

しかし、今更ながら言わせてもられば、「政」によるカバナンスが弱体化すれば「官」による官のための支配が強くなるだけだ。どうも目先の政局花火の導火線に着火したいがために大戦略を見失っているような気がしてならない。

スキャンダルを表沙汰にするのは、新大臣の仕事振りを暫く静かに見守りその評価が明らかになってからでも遅くは無かったのではないか。もしも馬脚を顕すような事態になったらその時に徹底的に攻めればよろしい。

asahi.comの2007年09月03日13時50分の記事=「『エンタケさん』、選挙では苦戦 辞任した遠藤農水相」を読むと

自らを「愚直にして不器用」と評し、パフォーマンス嫌いを公言。常に持論の「地方が良くならなければ、国が良くなるはずがない」「森なき民は滅び、農なき国は衰退する」という言葉を口にし、地方重視の立場を強調してきた。
とあり、まるでそういう人にこそ大臣をやって欲しかったと言っているようにも聞こえる。

政治家というのは発酵食品みたいなものであって、多くの場合、ただの健康な常識人では務まらず、何らかの菌の作用があって初めて政治家たりえている存在ではないかと感じる。問題はその菌が国民にとって価値ある味わいを出し得ているかどうかである。

このところメディアは面白いようにパンチが当たって久々に自らの権力に酔っているところもあるのだろう。レストランで、ブルーチーズに青カビがついてるとクレームをつけるような呆れた客に似ていないでもない。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2008年1月 »