« 08・07・13 アジロンや、つはものどもが夢のあと | トップページ | 08・08・01 内藤大助の勝利⇒Blackeye Zinfandel⇒判定負け »

2008.07.31

08・07・31 バーンスタイン生誕90年

DSCF3036海の日の連休、札幌でゴルフのついでに立ち寄ったコンサートは、そもそもバーンスタインが関わって始まったという真夏の音楽フェスティバルPMFだった。しかも今年は生誕90年ということで、プログラムは彼の作品一色。少し遅れて着いたのでキャンディードは聞けなかったが、交響曲不安の時代やウェストサイドストーリィのシンフォニックダンスなどを聴くことができた。

DSCF3022会場は真駒内の芸術の森の野外ステージ。生憎の雨模様で時々吹き込んで来る雨しぶきを気にしながらの鑑賞となったが、一言で言うと感動した。

DSCF3047締めくくりで指揮者の尾高忠明さんが、本来しんみりと伝えたかったであろうメッセージを、マイクがないもんだから、両てのひらで拡声器を作って叫ぶように話されたことが私の胸にもズキッと的中した。バースタインの作品を色々まとめて演奏してみると、作曲者の大きな人間性に胸を打たれるというようなことだったと思う。

DSCF3040この日聴くことができた作品はとても自然なジャズ臭さをたたえていた。そんな言い方があるのかどうかわからないが、作曲家としてのバーンスタインは現代アメリカの、というかニューヨークの、民族楽派の作曲家だったんだなという印象を深めた。アメリカは一つの民族ではないが、そこに共通の魂があり、それが音楽として鳴っているように感じた。

DSCF3028ステージ上の演奏者はほとんど若者ばかり。オーディションでこのフェスティバルのために編成されたオーケストラのようだった。アジア系、欧米系、顔はさまざまで、オケ自体が民族の坩堝たるニューヨーク状態。

じつは聴く方に回った私たちオジサンは、日本にいながらテレビや映画を通じて、アメリカ文明に深く影響されて育った世代だ。高校から大学にかけての時期、NHKテレビでバースタインがニューヨークフィルを指揮しつつクラシック音楽について語る番組を食い入るように視ていたのだ。彼はとてもカッコよかったし話も面白かった。

DSCF3027ウェストサイドストーリィの影響も大きいが、バースタインの音楽は我々の時代の音楽だと感じることができる。同時代の作曲家は他にも沢山いるが、かならずしもこういう同時代感を感じる人ばかりではない。

演奏会の最後は尾高氏の呼びかけで聴衆を巻き込んでの"Happy birthday, Lenny!"の大合唱となった。素晴らしい演奏会だった。たったの2,000円で!

|

« 08・07・13 アジロンや、つはものどもが夢のあと | トップページ | 08・08・01 内藤大助の勝利⇒Blackeye Zinfandel⇒判定負け »

コメント

良い音楽会に行かれましたね。 レナード・バーンスタインは数少ない私の好きな指揮者の一人です。 特にマーラーの交響曲は彼の指揮のモノなら何でも聴きます。ニューヨークフィルものが良いです。 今までに聴いたマーラーではバースタイン指揮のものが、一番甘さが無く、却って何か抉られる様な気がするのに一番体に合っているというのか...感想を言葉に表すのが難しいのですが、ともかくしっくりくるのです。 逆にベートーベンモノはあまり近寄りたくないと云う反面も私にはありますが。

JO-JO

投稿: JO-JO | 2008.08.01 10:00

僕もバーンスタインの音楽番組を見ていました。日本では渡辺曉雄が日フィルでやっていましたが、多分バーンスタインが元祖でしょうね。JO-JOさんと同様僕もマーラーは彼のNYフィルに尽きると思います。特に6番。確かに我々はアメリカにどっぷりで、先日イギリスに行った時、最初のうちヒアリングに苦労しました。『英語』なのにね。

投稿: @大棟梁 | 2008.08.01 13:16

JO-JOさん、@大棟梁さん、コメントをドウモ。私がもっているバーンスタインのマーラーのDVDはウィーフィルだったような気がしますが、気に入ってます。それはともかく、PMF、なかなかいい企画で小さな大発見でした。職業的な音楽家になるちょっと前の若者たちを集めたオケの音楽はひたむきで意外にいいものですね。ソリストが小曽根真やアン・アキコ・マイヤーズといったハイレベルだったこともありますが。

投稿: bee | 2008.08.01 23:11

大棟梁さん

先日、友人のアメリカ人がイギリスを旅行して愕然としたそうです。 彼等の話す英語が分からなかったとか。 やはりイギリス英語でも方言が入るとどうしようもないですよね。 マンチェスターだったのに国際電話を掛けてすごい訛りの英語を聞かされた時は受話器を投げ出したくなりましたっけ。 (あっBEEさんのブログなのに失礼しました。)

投稿: JO-JO | 2008.08.03 05:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/42025982

この記事へのトラックバック一覧です: 08・07・31 バーンスタイン生誕90年:

« 08・07・13 アジロンや、つはものどもが夢のあと | トップページ | 08・08・01 内藤大助の勝利⇒Blackeye Zinfandel⇒判定負け »