« 08・08・01 内藤大助の勝利⇒Blackeye Zinfandel⇒判定負け | トップページ | 08・08・03 ドライバーのシャフトを交換 »

2008.08.03

08・08・03 ゴルフの熱暑対策

このお盆休みにゴルフを予定している。熱中症が怖いので、それなりの備えを仕込み中。

一つは日傘。ゴルフ場に備えつけの雨傘で代用できなくもないが、あれはけっこう重たいので、差していると腕が疲れて来る。スポーツ用品店で調べたら、最近はゴルフ用に驚くほど軽いものがあるのだ。この頃、まめに日傘を差してプレーする女性を見掛けるが、紫外線避けの執念もあるだろうが、この軽さだからできるのだと納得。早速一本購入。なんと、重量280g!

二つ目はシャツ。これは真夏のゴルフの熱中症対策というテーマで漠然とGoogleして発見したもの。アンダー・アーマーという下着。

早速手にいれて試した。今日、これを着て、あえて昼下がりの時間帯に練習場に行ったのである。

非常に薄くて伸縮性に富んだ素材である。肌にピタッと吸いついて軽く締めつけるような感じがある。残念ながら、ふつうの下着を着るようには袖を通すことができないし、どうにもストンと身体がはまってくれない。あちこちをたぐり寄せたりずらしたり結構調整に手間がかかる。この下着は落ち着いて身に付けるべきものだ。

着たばかりでまだ汗をかいているつもりは無かったのだが、クール感はすぐにやって来た。車の中でエアコンの風を受けると更にクール感が強まった。

DSCF3104いよいよ練習。100球ほど打った。汗の蒸発で気化熱が奪われて行くクール感はずっと続いていた。写真は練習後の私。ゴルフ・シャツの色でそうとう汗をかいたことが判る。なのに、ベトベト感がまったくなく、身体をサラサラに感じていた。

帰宅して脱いでみると、上に着ていた普通のゴルフシャツは汗でビショビショである。その下のアンダー・アーマーは着ていた時のサラサラ感が意外に感じられるほど、じつは大量の汗を吸ってズシッと重みを感じた。面白い素材だ。

この下着は頼もしい武器、というより熱中対策の鎧になりそうだ。まさにアーマーである。

|

« 08・08・01 内藤大助の勝利⇒Blackeye Zinfandel⇒判定負け | トップページ | 08・08・03 ドライバーのシャフトを交換 »

コメント

準備万端ですね。この下着は最近ゴルフショップで目にしていましたが、自然派の僕としては試そうとも思いませんでした。僕は大量の着替えとタオル、冷水という旧態然の対応になると思います。いつか貴兄のブログにあったように、3年前のあのコースの7番ホールは朦朧とした意識の中で出たバーディ。即ち僕なりに『Kingdom』に近づいた瞬間かと思っていますので、またあのフィーリングを味わいたい。

投稿: @大棟梁 | 2008.08.04 12:23

無我の境地の朦朧なのか意識不明に至る朦朧なのか、どっちになるかちょっと心配ですね。あの時から何年か齢を重ねていますから。

私としては、まだ何か準備できることはないか?考えています。

投稿: bee | 2008.08.04 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4033/42050838

この記事へのトラックバック一覧です: 08・08・03 ゴルフの熱暑対策:

« 08・08・01 内藤大助の勝利⇒Blackeye Zinfandel⇒判定負け | トップページ | 08・08・03 ドライバーのシャフトを交換 »