« 10・01・01 旧年の問題を解決して新年おめでとう | トップページ | 2009年01月01日 FriのTweets »

2010.01.02

10・01・02 Twitterの140字文学

Twitterでの書き込みは140文字という制限がある。

なぜ具体的に140字なのか理由を聞いたことはない。開発したプログラマーが決めるという意識もなく決めてしまったのかも知れないし、意外に綿密な計算があったのかも知れない。

いずれにせよ、窮屈な制約だが、そもそも「人口に膾炙する」メッセージは一口サイズだろう。かつて有名なCMディレクターが「三十秒の狙撃兵」と呼ばれたことを思い出す。長いスピーチは誰も聴かない。

J.F.ケネディの大統領就任演説のアノ名言の部分は何文字だったか?

"And so, my fellow Americans: ask not what your country can do for you - ask what you can do for your country."

これは110字。まだ「30」字も余裕がある。

それにしても、この米民主党の大統領のメッセージは既に約50年生き残った。

今日の日本の政党が発するメッセージはことごとくこれとは逆向き。「官から民へ」「脱官僚」ということは本来はケネディと同じメッセージになる筈なのだが、どうもそうは聞こえない。Twitter議員が増えているが、彼等は決定的な140字を発するべきだ。

|

« 10・01・01 旧年の問題を解決して新年おめでとう | トップページ | 2009年01月01日 FriのTweets »